オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

Facilitationの鍵はPreparationにあり

»

優れたファシリテーションとはなんぞや、みたいなことをファシリテーターが話し合う会議に参加しています。
参加者は欧と米と日から20人くらい。

一緒にグループワークをしていた人が準備の重要性を強調していて、ハッとさせられました。

ファシリテーションというと何となく「その場力」で勝負みたいなイメージがあります。
しかしそれだけではない。

何が出てくるか分からないからこそ、周到に準備をする。
何が出てきても大丈夫と思えて初めて、自由なやりとりを促せる。

事前の「仕込み」が、現場での「さばき」同様に重要なのだ。魚料理みたいですね。

 

image 
昨日の仕事の成果物
(バンクーバー)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する