オルタナティブ・ブログ > 発想七日! >

日々の「ハッ、そうなのか!」を書き留める職遊渾然blog

エレベーターテストに代わる、新しいテスト

»

例えば読者がどこかのクライアントにプロジェクトマネジャーとして駐在し、社長が最終報告先であるプロジェクトを実施しているものとする。ある時偶然エレベーターホールの前で社長とばったり会って「プロジェクトの状況はどう?」と聞かれたとしよう。多忙な社長に説明できるのは、エレベーターに乗って降りるまでの三〇秒だけである。こうした場合にいかに簡潔かつ要領を得た説明ができるか? これがエレベーターテストである。

細谷 功 『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』 東洋経済新報社 2007年

エレベーターテスト対策には、「集めて、束ねて、固める」技術が学べる『リストのチカラ』をどうぞ!

それはそれとして、先日オブザーブしていた研修で、先輩講師が面白いことを言っていました。

「……。いわゆる『エレベーターテスト』ですね。でも皆さん、エレベーターの中でそんな話をしてはいけませんよ。情報漏洩になりますからね(一同笑)」

たしかにそうだ。

そこでひとつ、エレベーターテストに代わる言葉を考えてみます。誰かがもう提案しているかもしれませんが。要するに「社長とバッタリ」というシチュエーションであればいいわけですね。

  • ジョギングテスト
    早朝、オフィスの近くをランニングしていると、社長も走ってきて……
  • ランチテスト
    社員食堂で並んでいると、MBWAを実践している社長がトレーを持ってやってきて……
  • ホールウェイテスト
    次のミーティングに向けて廊下を歩いていると、社長が追いついてきて……
  • スモーキングルームテスト
    たばこ部屋で一服していると、社長がやってきて……(なんかありそうにない)
  • トイレットテスト
    トイレで小用を足していると、隣に社長が……(失礼しました)

……だんだん質が下がってきたので中止。どうも、オープンスペースで社長に重要な話をするというシチュエーションが、時代的に難しいっぽいですね。

待てよ、こんなのはどうでしょう。

  • IMテスト
    報告書を作成していると、社内メッセンジャーの使い方を覚えた社長がいきなり呼び出しをかけてきた。立ち上がったチャット画面には、「プロジェクトの状況はどう?」
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する