オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

BlogもSNSもPIMに融合

»

 SNSと連携するタスク管理「TaskBA」というソフトウェアのニュースを読んだ。もうずいぶん前にBlogとスケジューラーが融合すれば良いのにと言うような内容を書いたが、どうやらSNSもPIM系のソフトへ交わるような動きがあるようだ。

 SNSもPIMも個人に紐付いた情報をベースにしたものだからこれは至極当然な流れかもしれない。住所録なんかもSNSのKnowWho機能につなげるとともに、SNS以外のメール、メッセンジャー、ミニブログといった他のコンタクトポイントを統合したりと「人」を中心にどんどんと他のツールを取り込んでいくことも予想される。

 そういえば小林さんのもう一つのブログである「POLAR BEAR BLOG」の今日の記事では「Microsoft Office InterConnect 2007」の紹介として、気づきをメモとして管理していく仕組みが説明されているが、これなんかはブログやミニブログとの境界にあるような機能にも思える。InterConnectも元々は「人」を中心に情報管理するコンセプトの製品だったはずで、このあたりそろそろHumanCentric的な概念で、この先はこの分野のソフトウェアは全て融合していくのかもしれない。

 さて、冒頭の「TaskBA」は、2007年10月にNECが発表したSNSを核とする情報共有サービスSocial Tool Martの一部機能で、Social Tool Martには今後3年間で15種類のサービスが追加される計画だそうな。Social Tool Martって確かOPENPNEベースだったと思うのだが、同じグループのNECネクサは先日ドリコムへの出資を増やしたりもしている。NECのWeb2.0系製品はどこへ向かうのだろうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する