オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

「知人の知人を紹介してもらう」ことができるSNS

»

 先日のエントリーで「○○さんを紹介してください」という機能をSNSに追加してみてはどうか?ということを書いた。その後ちょっと調べたところ、毎日コミュニケーションが運営している、20代のビジネスパーソンをターゲットとして「wyco」(ワイコ)というSNSに「知人の知人を紹介してもらう」機能がすでにあることを知った。

 以下MYCOM PCWEBの記事からの引用

 また、直接の知り合いではないユーザーでも、共通の友人・知人を介して「紹介」してもらうことが可能。ユーザーは、知人・友人に「紹介」を依頼し、その相手に名刺交換をお願いすることができる。wyco内では、そうして知り合った友人・知人を「友達」「同じ会社」「仕事相手」の3グループに分けて管理することになる。

 これを読むと先のエントリーで私が提唱した、“目的の人は明確だが、仲介者の手がかりがない場合に、誰かに紹介を依頼するという新機能”とは若干異なるが、類するものだと考えてよいかもしれない。wycoは現時点ではベータ版としてサービス提供されているが、残念ながら私にはwycoのアカウントがないので詳細がわからないが、もしご存知の方がいれば教えていただきたい。

 さて、このSNSによる「○○さんを紹介してください」という機能についてだが、「△△な人(目的の人が曖昧)を紹介してください」という使い方はどうか、というご意見も頂いた。引き続きいろいろと考えていきたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する