オルタナティブ・ブログ > ナレッジ!?情報共有・・・永遠の課題への挑戦 >

エンタープライズコラボレーションの今と今後を鋭く分析

技術士試験のススめ!

»

 技術士の2次試験の願書提出が4/19に迫ってきている。技術士の試験制度については、従来の経験・業績の論文での評価形式があまり評判がよろしくないと言うことで時代の流れにあわせて来年度から大幅な見直しが行われるそうで、従来の試験方式は今年が最後だと言うことである。

 私もこの論文試験には何度も挑戦をして数年前にやっと合格したのだが、個人的には年に1回自分の業績を他人にわかりやすくまとめる機会というものがあったというのは良い経験だったと思っている。

 コンサルタントや情報処理の分野では、別に資格がなくても業務ができるし、“仕事の能力が高い=資格を持っている”ではないことも充分理解しているつもりだが、自分の過去の経験を整理したり新しい知識を勉強するためのきっかけとしての資格挑戦や習得には一定の効果はあると思う。

 夏の厚い盛りに、1日かけて8000文字も論述する試験に興味がある方がいたら、この最後の機会(?)にぜひ挑戦してみて欲しい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する