オルタナティブ・ブログ > KNN神田のITニュースのツボ! >

IT業界で日々起こるニュースから、少し先の未来を読みとっていくためのコラムです。

2011年度携帯は1.2倍、薄型テレビは2.2倍

»

2011年度、携帯は12億台、薄型テレビは1億3000万台出荷――NRI予測

野村総合研究所(NRI)は12月19日、薄型テレビや携帯電話、ロボットなど7市場について、2011年度までの世界市場出荷台数予測を発表した。2011年度に薄型テレビは約1億3000万台、携帯電話は約12億台出荷されると予測している。

数字のビューポイントを変えると真実が見え隠れしてくるものだ。
デジタル関連の予測ほど難しいものはないと思うが、放送市場の、地上デジタル市場が現在の6807億円(2006年)の世界市場が、2011年(4年後)には2兆1490億円と3.15倍も拡大するところに一番注目すべきだろう。
薄型テレビは1億3000万台出荷と控えめであるが、伸び率は、薄型テレビの台数は、2011年までに2.2倍であり、ハードディスクレコーダーは1.8倍である。

携帯電話は12億台(2011年度)と60億全世界人口の2割に達する出荷量であるが、伸び率は4年かけて現在の
たったの1.2倍である(2006年、9億5500万台)ところに注目するべきだ。

しかしである。今から4年後の世界ではきっと薄型テレビとは、テレビだけでなく、PCとも共有しており、写真やドキュメントのブラウザが搭載された薄型ブラウザになっていて、誰もテレビなんて呼ばないと予測できる。

ハードディスクレコーダーの標準は、Blu-RayとHD-DVDのハイブリッド、もしくは、次々世代DVDが搭載されていてもおかしくないので、呼び方に困る。もしかするとPCともハイブリッド化していることだろう。

携帯電話とデジタルカメラも、再融合して、通信は定額で低額が当たり前、IPフォンとして、Skypeなどが標準搭載され、家庭内のリモコンとしてだけではなく、社会全体での、本人証明のようなIDとしての役割を担うことだろう。すると、携帯キャリアのビジネスモデルは、音楽プレイヤーやモバイルISPのほかに、データ照会のような新サービスを特化しているかもしれない。端末機種がバラエティに富んでくるだけキャリアのビジネスは、さらに広がることだろう。しかし、キャリアの数社だけの独占的な市場に対しても、IPとからみあうことによって、もっとオープンな市場になり、携帯産業はホテルのコンシェルジュのようなサービスになっていてもちっとも不思議ではない。

Comment(8)

コメント

下手

あなたの文章何が言いたいのか解からない。

接続詞の使い方も変!

本当に物書きなんですか?

著書はゴーストライターが書いているんじゃないですか?

本当にジャーナリストなんですか?

通りすがり

「相手の立場になって考えられる人か、どうか」ですね。読みやすい文章を書くということは。

微妙なニュアンス、音のリズム、スムーズさ、美しさ・・・読む人がどう感じるか、読みやすい文章だろうかと気を配ることも、書き人には大事なことですよね。

僕も文章を書くときは、読む人の5倍10倍読み返して、「こうしたほうがスムーズだなとか、美しいな」と必要があれば何度も訂正します。

書き人は、自身が1番の読者であるべきです。「良い文章だ」と自画自賛できる文章を仕上げて、ニヤけましょう。

たまらず一言

デジタルビデオレコーダーをハードディスクレコーダーと間違っている。(www.nri.co.jp/news/2006/061219.html)
この二つの言葉は、単語としてのカテゴリーも違えば、次に続く論述のつながりもメロメロです。
ハードディスクとは、金属ディスクに磁気的にデータを書き込むディスクで、デジタルビデオレコーダーのデバイスの一つにすぎません。
カテゴリー的にはBlu-RayとHD-DVDと同次元の言葉です。
自分が判らない事を、引用で持ってくるならせめて正確に。
株式会社野村総合研究所に対しても失礼です。

それにしても、酷い文章ですね。中学生の下手な作文の様で、入試の論述ならば、確実に不合格です

匿名

TVゲームを総じてファミコンと言ってるようなモノですね。
2回も書いてるということは、ただのミスでは無さそう。

神田さんは、きっと身の回りのプレステやPCのDVDドライブ全てを「ハードディスク」と呼んでるんでしょうね。

ビデオジャーナリストと称していながら、一般的なレベルの製品知識も無いんですね。

それでも 初めから知識の及ばないこともあります。そういったものは、きちっと調べてください。ロクに調べもせず、ただ所感を述べるだけなら誰だって出来ます。

ITメディアにこうして起草するのも仕事だと思いますが、呼んでいると あなたの仕事への不十分な姿勢も伝わってきます。

その肩書きを背負ってる限り、世に向けて発する内容への責任は、一般の人よりも重くなります。

あなたの仕事は中途半端です。

ひどい文章

数字の読み方について論じているふりこそしているが、全く中身のない文章、というか文章的な言葉の羅列、であると言える
地デジは今最も国民の関心を引いている事柄であり、4年後の予測ということであればアナログ停波前年にあたる2010年末には買い替え需要が最高潮に達してるであろうことは誰の目にも明らかだ。
市場規模が3.5倍という試算はその根拠こそ理解できないにしても、「そのくらいにはなるだろうな」という印象を多くの人が持つことだろう。あえてそれを指摘して要注目と言うほどのこともないし、注目して何が分かるのか、という記述が見当たらない。文章後半部分の近未来予想図などは、誰でも漠然と持つイメージと大差ないからだ。数字を分析した業界人の予測、といったものからはかけ離れた凡庸な所感でしかない。
携帯電話と薄型TV,HDDレコーダーの伸び率予想を比較することに何の意味があるのかも全くもって理解できない。一般向けに発売されてから10年以上の時を経て個々人に普及を終えた携帯電話と、近年普及価格になった製品が投入され、今最も話題の商品である薄型TV,HDDレコーダーでは、現在までの出荷台数と今後の伸び率予想で引用されたデータのような結果になるのは当然のことで、具体的な数字はともかくとして傾向としては素人でも分かることである。
第一、携帯電話と薄型TVでは比較そのものに意味がない。明らかに個人が占有する製品と、家族で共有することが多い製品と言う意味でも違うし、拮抗して売れ行きが変わるような関連は今のところない。予算の問題を言うならば米価と不動産価格だって比較の対象であるのだから、ここで殊更に言うほどのことではない。
後半部分の未来予想は、ずらずらと新商品のアイデアを並べただけで考察というものがすっぽりと抜け落ちている。薄型TVとPCの複合商品などは既に市場に投入されているし、エントリー時は一般のニュースには上っていなかったが、BlueRayとHD-DVDのハイブリッド機も発表された。業界人を名乗るならエントリー時点で何らかのニュースは掴んでいて当然だが、文章からはその様子はない。名前など開発者が決めれば良いことで、知って隠しているにしても知らないにしても、およそこういう文章を書く業界人のやり口としてはお粗末すぎる。
炎上している携帯通話料の記事のコメント欄でも指摘したが、ここでも相変わらず「強引な横文字使用」が鼻につく。「数字のビューポイント」という表現は特にわざとらしさが目立っている。「視点を変える」という表現はむしろ日本語で多用される表現で、ビューポイントなどと置き換える必要もなければ、効果的な表現とも言い難い。横文字を多用することで格好良く見せかけるという手法は、それなりの見識を持つ普通の社会人ならば既にうんざりしていることだろう。逆効果である。
「コンシェルジュ」も取ってつけたという印象が強い。「コンシェルジュのように〜や〜などのサービスが普及するかも」という具体的な表現を伴うならば例えとして有用だが、ここでの表現では「コンシェルジュ」という表現を使いたいがために文末に取ってつけた、としか思えないのだ。
全体を通して何も分析していないし、何も考察していない。格好良さそうな単語を並べただけの、極めて安易な仕事である。これと良く似た文章は、あまり出来が良いとは言えない、経済学や社会学などの学生が書くレポートに良く見られそうだ。先輩のレポートの丸写しではなく、一応は新聞を読みましたとアピールしている文章と良く似ているようだ。

なにこの文章

2011年になってもテレビはテレビです。
アナログ放送が終了するだけ。テレビ機能付きのPCだったら、いまでも売ってますよ。
>>次々世代DVDが搭載されていてもおかしくない
具体的には何を指すのですか?誰が開発するんですか?ブルーレイとHD-DVDのどちらかに統一されるならともかく。
>>通信は定額で低額が当たり前
W-CDMAの設備構築でDoCoMoがいくら設備投資しているか分かってるんですか?移動体通信を定額にしたらトラフィックがどのくらい増えるか分かってるんですか?パンクしますよ。後4年で、なにか新しい技術を導入できるんですか?FOMAでさえ、まだ完成されたネットワークではないのに。とにかく突っ込み所満載の素人文章ですね。

選挙ネタからここにきました

これはスゴイ、この文章を書いた人がジャーナリストで講師とは!?クラクラしていた頭もコメントを読んでチョット安心しました。

神田さんお疲れ様でした

http://kirik.tea-nifty.com/diary/2007/07/post_0c4c.html
切込隊長BLOG(ブログ)
出馬して分かることという記事の中で、出馬する前に立候補するのであれば当然知っておいたほうが良いであろうことも多数含まれ、そのようなものはモノの本を読めば書いてあることも体当たりされているように思われます。

コメントを投稿する