オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

えらべる自由『iida INFOBAR C01』/au発表会2012特集:3M戦略 第1弾『スマートパスポート構想』を発表

»

au発表会2012特集第6弾は、えらべる自由『iida INFOBAR C01』をご紹介します。

夏モデルでiida INFOBAR A01がスマートフォンとしてリリースして半年、伝統のスマート&ストレートタイプのBAR形状かつ、初代カラーのICHIMATSU、人気のNISHIKIGOIカラー、新色のKIIROを加えた3カラーバリエーションでau2012冬モデルとして2月上旬に発売が開始されることになりました。

片手での操作が容易なコンパクト(W52xH130xD12.3・106g)かつテンキー搭載により、タッチ操作のフリック入力を強いられることがなく、ガラケーからの移行も比較的スムーズといえるでしょう。 但し、発話・終話・クリアキーがないことや、下端までキーが配されていることから、ケータイの操作感をそのまま、とはいかないでしょう。

ディスプレイは3.2インチのTFT液晶・タッチスクリーンで、A01からC01に最適化されたiidaUIが他のAndroid端末には無いオリジナリティあふれるビューと操作性を提供し、CMOS・804万画素カメラも実用に十分でしょう。

機能面では、おサイフケータイ・ワンセグ・赤外線を搭載しており、防水以外をしっかりと実装しており、下り最大9.2Mbps・上り最大5.5MbpsのWIN HIGH SPEEDに対応、Cメール(SMS)・Eメール・デコレーションメール・緊急速報メールへの対応も漏れることなく発売と同時に対応します。

懸念と言えば、このコンパクトボディに収まるバッテリー容量が1,020mAhと少ないために、連続通話370分・連続待ち受け350時間に留まっている点ですが、進化したシャープの省電力機能の『エコ技』が搭載されているため、細かな設定で自分の生活習慣にあったチューニングをしていくことで、容量不足をカバーできることが期待されます。

基本スペック
商品名 INFOBAR C01
プラットフォーム Android™ 2.3
メーカー シャープ
ディスプレー 約3.2インチ
TFT液晶
FWVGA
サイズ 約52 (W) ×130 (H) ×12.3 (D) mm (最厚部 約12.5mm)
カメラ 約804万画素/ CMOS
サブ: -
重量 約106g
連続通話/待受時間 約370分/約350時間
カラー NISHIKIGOI、ICHIMATSU、KIIRO
外部メモリー microSDHC™ (最大32GBまで)
Eメール (~@ezweb.ne.jp)
Wi-Fi (IEEE 802.11) b/g/n
WiMAX -
SMS (Cメール)
Bluetooth 3.0+EDR
緊急速報メール
ワンセグ
WIN HIGH SPEED
microUSB
おサイフケータイ
赤外線通信
防水 -
デコレーションメール
グローバルパスポート


C01カバーは、レッド・ブラックが15,000個、イエローが6,000個の限定で980円

 
ディスプレイサイズが小さいが1,020mAhのバッテリーにやや不安ながら、
シャープ独自の省電力機能『エコ技』が搭載。


Android2.3.5、本体メモリの空き容量が0.95GB

au発表会2012特集

関連リンク

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する