オルタナティブ・ブログ > 破壊的イノベーションでキャズム越え >

国境なきオープンイノベーション(C&D)で、世界のソフトを日本で仕上げて世界で売り抜く!

au発表会2012特集:3M戦略 第1弾『スマートパスポート構想』を発表(サマリー)

»

KDDIは2012年1月16日(月)10時より、au発表会2012を開催しました。

冒頭、KDDI田中社長のプレゼンテーションからスタートし、昨年(2011年)の振り返りとして、スマートフォンの普及やiPhone4Sの発売開始に伴い、MNP3ヵ月連続1位を獲得し、目標である「auのモメンタム(勢い)の回復」ができたと、auの復活ぶりを伝えました。

その結果として、auのスマートフォン出荷比率は56%まで上昇し、15歳~49歳での普及率が34%に達したとのこと。

一方で、スマートフォンユーザは、スマートに使いこなせている状況にあるのか?という声・不安・心配・不満に対して、2012年のauは「あたらしいau」という新生auのスローガンを打ち出し、単なる新商品・新サービス発表ではなく、同社のMulti-Use・Multi-Network・Multi-Deviceからなる事業戦略3M Strategy(3M戦略)の第1弾としての『スマートパスポート構想』を発表し、併せて『あたらしい自由 au』を前面に2003年10月から使用してきたブランドロゴの刷新と、新CMキャラクターとして、生き方そのものに「自由」なイメージがある井川遥(いがわ はるか)さん・伊勢谷友介(いせや ゆうすけ)さん・剛力彩芽(ごうりきあやめ)さん・懐かしのアニメ「巨人の星」の主人公である星 飛雄馬(ほし ひゅうま)を起用しました。

あたらしい自由 au > 3M戦略 > スマートパスポート構想

スマートパスポート構想とは、『オープンで、制約のない世界』へのパスポートを指しており、オープンインターネットの世界を様々なスマートデバイスからシンプル・シームレスに、安心して使えるようにする『サービス・イノベーション』であると定義しています。

スマートパスポートは、auスマートパス、auスマートバリュー、そしてそれらを繋ぐau IDという3つののキーファクターとなっており、それぞれ

わずか月額390円で安心かつ気軽に楽しめるサービス

固定インターネット回線とのセットで通信トータルコストをお得にするサービス

auスマートパスとauスマートバリューを繋ぐau ID

これら3つのキーファクターを含む個々のサービス、製品をサービス・イノベーションを構成する要素として、新商品・新サービスを既存に付加するだけではなく、資本関係の無い外部のFTTH(光インターネットISP)およびCATV(ケーブルテレビ)事業者との戦略的な提携までも含まれているものとして構成しており『たのしむ自由』『つながる自由』『えらべる自由』『はじめる自由』という4つに分類されています。

これら4つの『自由』に分類されたスマートパスポート構想の具体的な発表について、特集連載にてご紹介します。

au発表会2012特集

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する