オルタナティブ・ブログ > 風を切って走る!走る社長の軽快ブログ >

ある時は販売員、ある時は営業マン、またある時は社長業! 経営に現場に走り回る日々の気づきブログ。元気の源は「ありがとう」。言う時も言われる時も気持ちのいい、魔法の言葉! 接客や営業ノウハウを中心に書いていきます。

書評:採用基準

»

 

採用基準.jpg

 

 こんにちは。走る社長、貫洞です。

 伊賀泰代さんの「採用基準」を読みました。

 この本を読む前から、マッキンゼーに対する漠然とした憧れはありました。しかし、この本を読んで、「ああ、やっぱり!脳ミソをボディービルのように鍛えられる素晴らしい会社なのだろうな!」と、改めて惚れ直しました。


本の目次はこうです。

序章  マッキンゼーの採用マネージャーとして
第1章 誤解される採用基準
第2章 採用したいのは将来のリーダー
第3章 さまざまな概念と混同されるリーダーシップ
第4章 リーダーがなすべき四つのタスク
第5章 マッキンゼー流リーダーシップの学び方
第6章 リーダー不足に関する認識不足
第7章 すべての人に求められるリーダーシップ
終章  リーダーシップで人生のコントロールを握る


 読み進めて行くと、マッキンゼーという組織が、なぜここまで少数精鋭の組織で、かつ、一度でもマッキンゼーに在籍したことのある人が「できる人」であるかを、まざまざと実感させられます。そして、自分は「成長グラフで言うと、今どこ?」という現実を目の前に突き付けられ、軽い負荷がかかった状態で読み進められます。(筋肉と同じ、脳が鍛えられている感覚ですね)

 文章のタッチは軽く、非常に読みやすいです。「へぇ~」と流して読めば、「なるほど!マッキンゼーって凄っ!」でさらりと読み終えることさえ可能でしょう。しかし、この本の醍醐味は、その徹底した「リーダーシップ論」にあると思います。

・全体最適を求めるからこそ出るのがリーダーシップ
・リーダーシップはチーム全員に必要
・身近で問題が起こった時、最初に声をあげられる人はリーダーシップがある

 等、具体的な実例や表現を交えながらリーダーシップ論が繰り広げられていきます。

 日本の教育、社会では、みんなの意見を聞き、誰もが納得するように折衝することや、組織の和を乱さないように調整する事こそがリーダーシップであるように思われています。でもそれは「調整役・マネージャー」であってリーダーではありません。この本ではそういう「つい勘違いしてしまう」部分を浮き彫りにしてくれます。そして、リーダーシップとは、素質だけでなく、鍛えて身につけることができるものだ、と勇気づけてもくれます。

 タイトルの「採用基準」は、マッキンゼーの採用基準のことで、この本を読むと、少しだけその部分に触れることができます。あと10年早くこの本を読んでいたら、間違いなくマッキンゼーに履歴書送っていたと思います、私(爆)

Comment(2)

コメント

三田

リーダーというのはその状況や環境や目的により資質と能力と責任の所在が変化します。
つまり、これがリーダーの条件というのはその時に何が求められているかで変化します。

逆に言えば恒常的なリーダーシップというのは環境変化、状況変化に対応した目的意識を臨機応変に設定変更し、その目的に対して効果的な実際行動、組織化、戦略を考えれらる人です。

組織化と戦略、戦術については、これは優秀な別の人材のサポートを受けることが出来ればいい、しかし、リーダーは責任をもって決断しなければならない。

調整も戦略であり、交渉も戦略。
これを組織で立案して行くためには、実はテクニックよりもその状況を見極める力と決断力です。

責任をもって決断をする。

戦略上の修整も即断する。

リーダーとして良いブレーンを惹きつけ信頼を得るには、機を見るに敏な即断力が必要であり、勝負の機を逃さない、また、時には後退を厭わない、決断力が必要です。

ビジネスリーダーにも革命家はいます。

マッキンゼータイプにとらわれず、広い目でリーダーというものを考えてみては如何でしょうか。

貫洞沙織

三田さん

コメントありがとうございます。
「状況を見極める力」これだけで、もう少し細分化できそうな気がします。
「決断力」についても然り、後退を厭わない決断力を持ったリーダーとは、
まさに柔軟なリーダーと思います。

そうですね、マッキンゼータイプは憧れですが、もっと広い視野で
リーダーというものをとらえ、日本だけでなく世界の歴史から
「リーダーとは何か?」をさらに追及して考えてみたいと思います。

最近、深く考え進めることが楽しくて仕方がありません♪
それも、こうやって深い意見をくださる方がいらっしゃればこそです。
ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

コメントを投稿する