オルタナティブ・ブログ > 事業のヒント >

事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

事業の縮小の決断

»
事業拡大が一段落して、拡大も現状維持も難しいという結論になりましたので、そうなると縮小しか残っていません。

仮に事業を辞めるとすれば、それは縮小の究極の形ですので、やはり縮小しか選択肢はありませんでした。

人に任せるとか、成り行きに任せるとかもありますが、当時は頭にありませんでした。

あ、成り行き任せはダメですよね。(笑)

相当考えましたが、規模を縮小することにしました。

いくつかの要因があり、「縮小せざるを得なかった」と言う方が正しいかもしれません。

何にしても、縮小以外の選択肢を取るパワーが出て来なかったわけです・・・。

今まで拡大一辺倒だったので、縮小を決断したのは大きなことでした。

勝負で言えば「負け」を選択したことになりますので、今までの私からするとあり得ません。

でも、一度そう思ってしまえば、意外なほど冷静になることがわかりました。

今までは冷静じゃなかったことになりますが。(笑)

また、思い込みというか方向性が変わってしまえば、「今までの勢いは何だったんだ?」と思うくらい簡単に変わるものです。

文章で表現するのは難しいのですが、いろいろ考えているうちに、そうなったという感じですね。

なんかいまいちパッとしない内容になりましたが、こうして事業の縮小を決断したのです。

縮小を決断したのは意外と簡単だったわけですが、それを実行するのは別でした・・・。

ということで、忍法「次回に引っ張り作戦」を発動して終わります。(笑)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する