オルタナティブ・ブログ > 事業のヒント >

事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

コンクリート製プールとの違い

»
今日は、元ステンレスプールメーカーであり、プールの元プロでもある私がプールのことをちょっと書いてみたいと思います。

ちなみに「自称元プロ」ですので、間違ったことを言うかも知れません。(笑)

昔はコンクリート製のプールが主流でしたが、今はステンレスプールが主流になっています。

コンクリート製のプールは、寿命が20年~30年と言われていました。

寿命が来ると崩れたり爆発したりするわけではありませんが、それくらいの年数になると、コンクリートが劣化して、ひび割れが起こるようになります。

ひび割れが起こると、そこから水がしみ出してきますので、さらにひび割れが大きくなる悪循環が起こります。

コンクリートの中には鉄筋が入っていますので、鉄筋はあっという間にさびて強度が落ちます。

そうなると、ひび割れ部分にボンドを注入して、ひび割れを防ぐとともに強度を増やさなければなりません。

あ、いま気が付きましたが、私はコンクリート製品も作っていましたので、コンクリートに関しても元プロです。

だから、この話に信憑性は少しあります。(笑)

それに比べて、ステンレスプールの寿命は何十年もあります。

数十年は十分に持ちますし、それ以上使うこともできるはずです。

コンクリート製と違って、劣化による水漏れもありませんし、塗装をやり直せば、新品同様によみがえります。

製造費用もコンクリート製プールよりも安くつくこともあって、いろんなメリットがあるのです。

それに、重量が軽いのもメリットのひとつです。

コンクリートの塊ではありませんので、建物の2階以上になると、そのメリットが発揮されます。

最近はビルの屋上がプールになっていることもありますが、軽くて水漏れがないステンレスプールのメリットが最大限に発揮されることになります。

水漏れがないと書きましたが、実は完成したばかりのステンレスプールは、多少の水漏れがあります。

ステンレス板を貼り合わせて溶接しますので、どうしてもピンホールと呼ばれる小さな穴ができて、そこから水がにじんでくるのです。

専用の計測器で真空テストもやるのですが、抜き打ちで何箇所かやるだけですので、どうしてもどこかに穴があります。

ダダ漏れになることはありませんが、壁面から水がしみ出しているのは、よくあるということでした。

その場合の補修方法は、ほったらかしになります。(笑)

水がちょろちょろ出ていても、いつの間にかゴミが詰まって穴がふさがれて、水が止まるのです。

だから、よほど大きな水漏れ以外は、ほったらかしになります。

ちなみに今回のプールでは、水漏れはありませんでした。

私の耳に入っていないだけかも知れませんが。(笑)

先日、見に行ってきた時のプールの外側部分です。

腐食防止の塗料を塗ってありますので、色は真っ黒です。
CIMG9463.JPG

大した話になりませんでしたが、これで終わります。(汗)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する