オルタナティブ・ブログ > あなたの知らないスポーツ、そっと教えます >

世の中にはまだ知られていないスポーツがたくさんあります。日本では知られていないけど海外では有名だったり、いまこの瞬間に生まれているスポーツや、障害者の方が楽しめるスポーツなどなど。このブログでひとつでも新しいスポーツを知っていただき、ぜひ楽しんでもらえればと思います。

オリンピックを見ていて疑問に思ったこと バレーボールは手しか使ってはダメ?

»

 昨日のロンドンオリンピック、バレーボール女子準々決勝。日本が見事に中国を下して準決勝に進出しました。

 どのセットもデュースまたはその一歩手前までと、手に汗握る試合展開とはまさにこのことかもしれません。

 最終セットもデュースとなり最後は日本の中道選手のサーブが、中国チームのレシーブを乱し、最後は足でレシーブしたボールが大きくコートを外れて日本の勝利が決まりました。本当に最後まで目が離せない緊迫した試合。どちらが勝ってもおかしくない試合だったと思います。

 さて、「あれなにか少しおかしいな」と思った方はいないでしょうか。それは中国の選手が最後に行った「足でレシーブ」。表現として足でレシーブというかはちょっと定かではありませんが、これってありなんでしょうか。

 実はバレーボールで足を使うことはルール上認められています。1995年にルールが改正され、それまでは膝から下を使ってはいけなかったのが、膝から下にボールが当たっても有効になり、基本的には体のどこを使ってボールを返してもいいことになったそうです。

 なので最後の場面、もし中国の選手が足で返したボールがコート内に入っていたら試合は続行されていたことになります。

 ちなみに下のyoutube映像の8秒当たりで青いユニフォームの18番の選手が足でボールをレシーブしています。

 

 ただ、普通に考えて足でボールをコントロールするよりも手でコントロールしたほうが簡単なので、めったにお目にかかれるプレーではないと思いますが、たまにボールが足や頭に当たってそのまま続行なんてこともあるようですね。

 結構たくさんの人が知っているとは思いますが、ちょっと調べてみました。

クリック募金でスポーツを応援するスポクリもよろしくお願いいたいします。

クリック募金でスポーツを応援するスポクリ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する