オルタナティブ・ブログ > 岩本幸男の「クラウドのあちら側に光を見たい」 >

クラウド、SaaSを中心に庶民からの思いを無責任につぶやく

洗濯に比べて掃除が大変なのは、ゴールとサービスレベルが確定していないからだ!

»

先週早めの夏期休暇を頂き、家事に専念した。
7月16日(金)に嫁の肋骨がポッキリ。絶対安静ということで、息子と路頭に迷うはめになったのである。

毎日、洗濯、掃除、買い物、食器洗い、の繰り返しなのだが、初日は辛かった。
作業内容が不明なため、ゴールが見えないのである。ゴールの見えない仕事ほど疲弊するが、家事もまったく同じである。
全自動洗濯機のスイッチON。そこには残り55分と表示された。しかしこの表示が正確でないことに気付くのに2日かかった。各家庭の水圧によって、時間が前後することは当然であるが、そんなの気が付かない。

掃除。粒度が解らない。適当にモップ掛ければOK?それとも年末大掃除のように家具も動かすの?
買い物。なぜか毎回大量に買い込んでしまい、冷蔵庫に入りきらない。アイスが溶ける...
食器洗い。洗っても洗っても、息子が次々に食器を使うので、切が無い。
...「にゃ~」と普段は無愛想な猫まで、餌くれモード。
そして、ゴミ出し。ルールが厳しい。萌える、じゃなくて燃えるもの、燃やしちゃいけないもの、プラスチック...

肉体的な披露よりも、精神的なダメージが大きい。これは...そうだったのか!?

洗濯に比べて、掃除が大変なのは、

    ゴールとサービスレベルが確定していないからだ!

家事をこなすにつれ色々なことが見えてきた。
全自動洗濯機には、洗濯メニューが表示されており、私が必要とする洗濯コース、そして予定終了時刻(当てにならないが)が明確に決まる。つまり、ゴールとその状態がはっきりしているので、安心できる。

一方、掃除はその日の気分で、適当にモップ掛けのみや、掃除機の出動、網戸に引っ付いた猫の毛掃除...と、やろうと思えば何処までも深入りしてしまうのである。これでは、買い物に行く時間が確定できない。安売りのタイムサービスに間に合わないのである。かといって、途中で掃除を放棄することはできない。大変、大変、という具合である。

掃除もサービスレベルを決めれば

    ゴールと達成感を得られるのだ!

ということで、
掃除は、メニュー化することをお勧めする。平日はAコース、週末はBコース、年末は大掃除のSコースってね。

それと、
嫁が20年も続けている掃除の手順について異議を唱えたが、嫁は聴く耳を持たないのである。自分がプロだと思い込むと素人の助言が聴けないんだなと実感した。仕事も一緒。

    素人のアドバイスは最も重要だと解っているのに...

最後に皆さん、

    嫁を少し大切にしましょう。

酎ハイ飲んでゴロゴロしているだけかと思ったら、いつかやられます...

と、私のバカンスは終了したのであった。 誰か夏休み分けてくれ!

Comment(2)

コメント

Daisuke Uki

イクメン代表でコメントを(笑)
夏の暑い日に大変でしたね。。。

家事のサービスレベルは評価基準があいまい、というより妻の目線が判断基準になっていると思います。
基軸になるのは、効率的かどうか(これは仕事と同じですね)ということや、品質の2つ。
品質は普段やっていることを主観的に評価してくるので、厳しいですよ(自分と同じクオリティを求めてきますし。。。)

男性と女性の大きな違いは「2つ以上のことを同時にこなせるかどうか」という点です。
もちろん、仕事上のことと違うのは実体験済みです。
仕事の上では当然複数のプロジェクトをかけ持つのは多々あることですが、家事のかけもちはこれまた違う次元で発生します。
ご飯を作りながら、掃除をし、洗濯機を回す…
慣れない頃は大パニックになりましたwww

ようやく慣れてきたので、ソコソコこなせる様にはなりましたが、まだまだ合格点は頂けません。
仕事とは別次元なのが幸いですが、あれほど器用にこなせるのは尊敬に値します。

おっしゃる通り、妻は大切にするのが家庭円満のカギでしょうね。。。

宇木さん

コメントありがとうございます。
家事をマルチタスクでハイクオリティにこなすには、
・作業のメニュー化
・手順の明確化
・事前準備
この3つがとても大切です。そうすればゴールとサービスレベルが確定するばかりではなく、予定通りに終了させることが可能になります。って仕事では当たり前のことですけど...

昨晩の洗濯で、もう一つ重要なファクターを発見しました。嫁が
  「ありがとう!」
と言ったのです。感謝する、評価する、そして誉めてあげる...人を動かす基本ですが、私は、この感謝の言葉で、あと数週間、家事を継続することができます。

家事に従事する全ての方々に敬意を表しますw

コメントを投稿する