オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

破壊されるのを待つか、自ら破壊するか、いま問われる選択

»

ユーザーがシステムに求めるのは、「ビジネスの成果への貢献」だ。インフラ構築、アプリケーション開発、運用管理などの手段の提供はユーザーの求めるゴールではない。

ビジネス環境の変化が緩やかであり、その役割が自社内に閉じた基幹業務に限られていた時代であれば、要求の変化は比較的少なく、数ヶ月や1年を超える仕様凍結でも仕様の変更は限られていた。だから要求仕様通りにQCDを厳守してシステムを開発することは理にかなっていた。また、ユーザーは自分たちが求める機能を明確にできた。

しかし、ビジネス環境の不確実性が高まり、ビジネス・ニーズの変化は突然に訪れる。ITとビジネスとの一体化が進むいま、ビジネス環境の変化に同期してシステムも直ちに変えなければならない。しかも、要求仕様は変化し続けるし、要求仕様が定まらないままにシステムを開発しなければならないこともある。しかも、どうしてほしいかをユーザーは明示すことはできない。

スクリーンショット 2020-06-17 6.16.59.png

このような時代に情報システムには次の3つの取り組みが必要になる。

アジャイル開発:ユーザーと開発者が課題を共有し、協調・連係しながら、ビジネス・ニーズをシステムに仕立て上げてゆく。これによりビジネス環境の変化に迅速・柔軟に同期する。

DevOps開発したら直ちに本番環境で実行できる仕組みを作り、維持する取り組みが必要だ。そのためには、開発と運用が、お互いがそれぞれの役割に敬意を払い、お互いに協調・連係しながら、解決策を模索しなければならない。

クラウド:開発や運用管理がスピードに対応できても、開発や運用の環境が物理的な機械の導入や設定に頼っていては成果をあげることはできない。この状況に対応するためにはインフラやプラットフォームをソフトウエアの設定だけで利用できるクラウドは前提となる。

ユーザー部門が最終的に必要なのは、「ビジネスの成果」だ。そのためには、できるだけインフラやプラットフォーム、場合によってはアプリケーションを所有せず、作らないで使うことが理にかなっている。これは「手段を提供する」ビジネスとは明らかに利益相反の関係にあるが、この現実から逃れる術はない。ならば、SIビジネスは、この変化への対応を先導し、多の企業に先駆けて、自分たちの既存のビジネスを破壊する覚悟が必要になるだろう。

コロナ禍は、この変化を加速する。世の中の変化に破壊される前に、自分たち自身で破壊することしか、これからの時代を生きぬくすべはない。

新入社員のための最新ITトレンド1日研修(参加費 1万円)

NE_Class.png






いまのITの常識を整理して、わかりやすく解説し、これから取り組む自分の仕事に自信とやり甲斐を持ってもらおうと企画しました。お客様の話していることが分かる、社内の議論についてゆける、仕事が楽しくなる。そんな自信を手にして下さい。

オンライン(zoom)でも、ご参加頂けます。

下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)

【第1回】2020年8月3日(月)
【第2回】2020年9月2日(水)

1万円(税込11,000円)

新入社員以外で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,800円)でご参加いただけます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【6月度のコンテンツを更新しました】

======

  • 以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
    ・2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
  • ITソリューション塾・第34期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂

======

【改訂】総集編 2020年6月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。

【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画

  • デジタル・トランスフォーメーションと「共創」戦略
  • ソフトウェア化するインフラストラクチャー
  • ビジネスの新しい基盤となるIoT

======

ビジネス戦略編

  • 【改訂】ビジネス発展のサイクル p.9
  • 【新規】DXはどんな世界を目指すのか p.17
  • 【新規】DXの実現を支える3つの取り組み p.50
  • 【改訂】MONET Technologies p.65

クラウド・コンピューティング編

  • 【新規】XaaSについて p.47
  • 【新規】シームレスなマルチ・クラウド環境を構築するAnthos p.110
  • 【新規】クラウド各社のOpenShiftマネージドサービス p.111

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】IoTの定義 p.15
  • 【新規】サプライチェーンとデマンドチェーン p.44-45
  • 【新規】MaaSエコシステムのフレームワーク p.61

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI

  • 【改訂】人工知能の2つの方向性 p.12
  • 【新規】AIとAGI p.13
  • 【新規】ルールベースと機械学習の違い p.66

下記につきましては、変更はありません。

  • ITの歴史と最新のトレンド編
  • テクノロジー・トピックス編
  • ITインフラとプラットフォーム編
  • サービス&アプリケーション・基本編
  • 開発と運用編
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する