オルタナティブ・ブログ > Azureの鼓動 >

クラウド戦役をZガンダム視点でわかりやすく解説するブログ+時々書評。

人事発令。3月1日付でクラウドテクノロジー推進部所属エバンジェリスト着任

»

本日、3月1日付けをもって、クラウドテクノロジー推進部所属となった旨、
Azureの鼓動読者の皆様にお伝えしておきたい。TechDays2010
ーノートで発表があった Windows Azure の日本展開策の1つとして
「Azure専任のエバンジェリストチーム」と謳われていた組織である。

Cloudtech01
ストリーミングではタイムライン中程 1:07:40 くらい)

1.組織改変
デベロッパー&プラットフォーム統括本部(本部長:大場 章弘)内の
クライアントテクノロジー推進部(部長:平野和順)の役割と構成メンバーを変更し、
「クラウドテクノロジー推進部」と改名。

2.人事発令
新生「クラウドテクノロジー推進部」の初期メンバーとして、部長平野以下、
かねてよりWindowsAzureに深く関与していたを含むエバンジェリスト数名と
技術啓蒙マーケティング担当が3月1日付けで配属となっている。

あわせて、UX&クライアントテクノロジー推進部も人員が増強され、RayOzzieが
描く「3スクリーン+クラウド」の実現に向けて体制の整備がはかられている。

といってみたところで、「他人の組織になんか興味ねーよ」という方もいらっしゃる
かもしれないが、連邦軍的にコトが進むここ、マイクロソフトにおいては、組織変更や
所属変更はけっこうな一大事であり、お客様やパートナー各社、開発者の皆様に
とっても、その影響を受ける可能性がある。

まずもって、業務目標が戦略に沿ってシンプルになる点がなによりも大きい。
マイクロソフトほどに多様な技術を扱う大規模組織において、現場が俊敏に
行動するためには、業務目標が明確かつ測定可能な状態になっていることが
重要である。定められた業務目標やKPIに愚直なまでに従い、達成してゆくのが
この組織の特長。クラウド専任というコンセプトがわかりやすい。

そしてAzureチームの位置づけが明確になったことで、他の部門の協力も
得やすくなる。今回TechDaysでやってみせたように、マイクロソフトの語り手の
多くのメンバーがすでにAzureを自分の武器として使いこなしはじめており、
この流れはパートナーや開発者を巻き込み、今後さらに加速するだろう。
もはや我々にとってクラウドは特殊なものではなく当たり前に使うものなのである。

今回、我々はめでたくゲリラから正規軍に昇格したようなものであるが、
これにより予算や人員が厚くなる…かもしれない。(といってみるテスト)
十分な技術支援がご提供できず申し訳なく思ってはいるが、少しずつ改善に向けて
手を打っているのでご不便感じている皆様には、今しばしご辛抱いただきたい。

本日付の組織改編や、TechDays / Azure日本展開の各種報道をご覧いただいても
おわかりになるとおり、社内外でAzureをとりまく環境は好転し、軌道にのりつつある。
これはまさにみなさまのご支援のおかげであり、深く感謝している。

そして、このような状況の中、私が今後頭をひねってゆくのが「All up cloud story」と
内部で呼ばれているテーマになると思われる。主にエンタープライズ向けのクラウド
プラットフォームとして位置づけることができた Windows Azure を中心に、オープン
ソースやJavaでの利用シナリオにも手を広げつつ、さらに、SaaS層で展開している
BPOS(びーぽす:ExchangeやSharepointをサービスとして利用できる商品体系)や、
25GBまで無償で使えるSkyDriveやHotmailを擁するWindowsLive、テキスト解析・検索や
地図データ・位置情報を提供するBingなど、マイクロソフト社内に散らばった
クラウドの部品をたばねて、ひとつの価値にしてゆく取り組みである。

当たりすぎて怖いガンダムエース巻末連載の「ララァの幸せホロスコープ」でも、
「…異動や移転を余儀なくされたり、…人間関係で派閥問題に振り回されることも…」
と、獅子座の私の運命を、まるで時が見えているかのように言い当てている。

まあ、私が人身御供になることで、過去の成功体験に居残った人をクラウドに
あげられるなら、より一層がんばってみようと思わなくもない。

---(Zガンダム37話「ダカールの日」作戦完了後の場面)
ハヤト     作戦の成功おめでとう。
シャア     ありがとう。みんなの協力があってこそ成功したんだ。
ハヤト     名演説だったよ。
シャア     そうかい。
(といいつつ、デッキへでてゆくシャアをアムロが追いかける)
アムロ     どうしたんだ?
シャア     いや…。
アムロ     君のおかげで、エゥーゴもカラバも、今までになく盛り上がっている。
シャア     しかしな…。これで私は自由を失った…。
アムロ     そういうことか。
シャア     あぁ。
アムロ     地球に居残った人を宇宙に上げようというのだ。こんな大仕事に1人や2人の人身御供はいるよ。
シャア     私は人身御供か?
アムロ     人身御供の家系かもな。
(乾杯)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する