オルタナティブ・ブログ > 情報インフラ24時 眠らないシステム >

「仮想化」をキーワードに情報インフラの世界を考察します。

コンパイルが一発で通ります!開発神社でSI運試し

»

サーバにお札を貼ってバグ退散を祈願したり、サービスリリース前には手を合わせて神頼みしたり、 およそ技術の最先端を操る人々の行為とは思えませんが、少なくないシステム開発の現場で実際に行われていることです。

大規模システムになるほど、その中で動くプログラムは膨大になります。かのMS-Wordなどは、 ソースコードが数千万行に達するほどです。それらは複雑に絡み合って動くわけで、それゆえ、テストをし尽くしたと思っていても、 どこにバグが潜んでいるか分かりません。

今現在、バグの発生が0件でも、将来にわたって絶対に発生しないということは誰も断言できず、その割りに、一度バグが発生すると、 システム運用に与えるダメージは大きいという報われない世界。

そんな世界に住んでいれば、神頼みしたくなるのも仕方の無いこと。安産祈願や交通安全と同じレベルの発想です。どこぞの神社で 「システム安定」のお守りを販売したら、きっと多くのエンジニアが買い集まると思います。

さてさて、前置きが長くなりましたが、そんな神頼み好きな皆さんが大喜びしそうなWebサイトが先週オープンしました。その名も 「開発神社」。
→http://kaihatsu.akekure.com/

この神社には、その日の運勢を占うコーナーがあり、そこでシステム開発にまつわる運勢を占うことができます。以下、 サイト内に書かれている説明文です。

 SEやプログラマなどのための神社。
 出社してメールチェックする前にどうぞ。

 ダメクライアントのごとく、無責任に占います。
 納品前・本番リリース前には、【神頼みコーナー】をどうぞ。

 霊験は全くありませんので、あしからず。
 システム開発で苦しんでいる人たちのオアシスになれば幸いです。

ちなみに私の今日の運勢はこんな感じでした。

-------------------------
大吉:
コンパイルが一発で通ります
今日は天才的に勘が働きます。
コンパイル?そんなものは一発だよ!
そのぐらいの自信で行ってOKです。
ただし、コンパイルが通ったからといって
ロジックがあっているとは限りません。
その点はくれぐれもご注意を。
-------------------------

出社前や就業前にちょこっとやってみると面白いかもしれません。

Comment(2)

コメント

秋葉原の近くにある神田明神では、ずばり「IT情報安全守護」の御札があります。
http://www.kandamyoujin.or.jp/items.html
ユーザ系企業に勤めていた頃は、SI会社の営業担当が年始の挨拶に必ず持ってきて、それをサーバーラックに貼り付けて安全祈願するのが行事になっていました。まさにIT業界関係者必須のアイテムと言えますね。

テクネコさん
コメントありがとうございます。

そういえば神田明神の存在を忘れていました!まさにマストアイテムですね。これがあれば、数千万を超えるマスターデータを扱うコンシューマシステムも怖くない・・・と思いたいです。

コメントを投稿する