オルタナティブ・ブログ > 広屋修一の「Webマーケティングの進化は続く」 >

Webマーケティングのトピックスや、インターネット広告関連技術などを紹介します

CASIO E-Data Bank の電池交換

»


 CASIO の G-SHOCK の電池が弱ってきたので、寝かせていた E-DATA BANK もいっしょに近所のCASIOのサービステーションに持ち込みました。電池自身は市販で数百円程度のものなのですが、交換作業と各種チェックをやると各3千円台になるようなので、G-SHOCK の方は正規での交換をお願いし、E-DATA BANKの方はCASIOの人にやり方を教えてもらって自分で対応することにしました。
 やり方と言っても、電池ホルダーの外し方と、時計のリセットの仕方の2つだけ教えてもらいました。電池ホルダーの外し方はちょっとわかりにくくて、結局、インターネットで検索してわかりました。リセットの仕方は、All Clearの略で"AC"と書かれたの金属接点の穴をアースにショートさせるのですが、これは電池の+側とショートさせることで対応し、これで時計は動き出しました。
 できた!と思って、裏蓋を締めて、腕につけてみると、時計の表示が反対向き。焦らずちゃんと方向を確かめてから、ネジを締めないといけませんね!

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する