オルタナティブ・ブログ > 広屋修一の「Webマーケティングの進化は続く」 >

Webマーケティングのトピックスや、インターネット広告関連技術などを紹介します

2012年国内インターネット広告費は8680億円、運用型広告費が媒体費の半分の規模に("日本の広告費"をグラフ化)

»

★2013年版国内インターネット広告費はこちら★

20121_2  2月21日に、電通より恒例の「日本の広告費」の発表がありました。2012年の日本の総広告費は5兆8913億円(前年比103%)と5年ぶりに前年実績を越えました。インターネット広告費は、前年比108%の8680億円(媒体費6629億円、制作費2051億円)となりました。

 今年からインターネット広告費の集計方法が大きく変わりました。デバイスの多様化に伴いデバイス別分類が無くなり、「膨大なデータを処理するアドテクノロジーを活用したプラットフォームにより広告の最適化を自動的にもしくは即時的に支援するような広告手法」を「運用型広告」と呼んで集計することになりました。20122_2 この分類に入る、検索連動型広告/Ad Exchange/DSP/SSP等を含む2012年度の運用型広告費は3391億円となりました。これ以外の枠売り広告/タイアップ広告等は3238億円となり、運用型広告費がインターネット広告媒体費の半分の規模なりました。

 4マス広告費は2005年に前年割れを始めてから7年ぶりに前年実績を越えました。一方で、インターネット広告費はこの7年間で市場規模が2.3倍拡大しました。

【 2004年~2011年の「日本の広告費」に関するの記事目次 】

< SlideShare に図面もアップしておきました >

20123_2

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する