オルタナティブ・ブログ > 広屋修一の「Webマーケティングの進化は続く」 >

Webマーケティングのトピックスや、インターネット広告関連技術などを紹介します

「行動ターゲティング広告の自主規制プログラム」を米メディア/マーケティング業界が策定

»

 米国の下記のメディア/マーケティング業界団体が「行動ターゲティング広告の自主規制プログラム」(Self-Regulatory Program for Online Behavioral Advertising)を策定しました。

-American Association of Advertising Agencies (4A’s)
-American Advertising Federation (AAF)
-Association of National Advertisers (ANA)
-Council of Better Business Bureaus (CBBB)
-Direct Marketing Association (DMA)
-Interactive Advertising Bureau (IAB)
-Advertising Initiative (NAI)

このプログラムは、下記の5つの重要なコンポーネントから構成されています。Advertising-Option-Icon

Advertising Option Icon
 行動ターゲティング広告の上かその近くや、行動データ収集しているWebページにアイコンが表示され、これをクリックすることで十分な説明やオプトアウトが容易になる。実際にはこのページのような形で利用されるようです。

www.AboutAds.infoAboutAds.info
 行動データを収集したり行動ターゲティング広告を使う企業は、上記の Advertising Option Icon等を利用して www.AboutAds.info サイトへ訪問することを推奨する。また、行動ターゲティング広告に興味を持つ企業はこのサイトへ登録することで、消費者が簡単にオプトアウトできる仕組みを提供できる。

Consumer Choice Mechanism
 消費者が www.AboutAds.info を訪れることで、全部または一部の会社の行動履歴収集を簡単にオプトアウトできる機能を提供する。

Accountability and Enforcement
 CBBBとDMAは2011年から、実施状況のモニタリングと強化、消費者苦情解決管理に関する責任を持つ。DMAとCBBBは、この自主規制を守っていくためのモニタリング技術を導入する予定である。

Educational Campaign
 業界と消費者間でこのプログラムの認知向上をはかるため、業界団体は広く啓蒙活動を行っていく。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する