オルタナティブ・ブログ > 広屋修一の「Webマーケティングの進化は続く」 >

Webマーケティングのトピックスや、インターネット広告関連技術などを紹介します

米国ではインターネット広告費の2割がアドネットワークに投下されている

»

US Online Ad Spend  最近発表された Razorfish社の "Outlook Report 2010" の P.15 に、2009年の米国でのインターネット広告費の使い方に関するデータがありました。1番たくさん利用されるインターネット広告費は専門サイトで、2番目はサーチやディレクトリ、そして3番目がアド・ネットワークで、実にインターネット広告費全体の20%が投下されていることがわかります。
 ポータルは4番目で、5番目にはソーシャルメディア・ディスプレイ広告というカテゴリが見られます。6番目にはメディアではなくデータ・ブローカーという種類が見られます。米国では広告掲載面をアド・ネットワークから購入し、ターゲティングデータをデータブローカーから購入するというトレンドが広がってきていると聞いていましたが、すでにここまで大きく成長していたのですね。
 このインターネット広告費の投下トレンドは日本の現状とは大きく違いますが、感覚値で言えば2年遅れの日本でも、いずれこのような大規模アド・ネットワーク市場ができるのではないかと思われます。日本のインターネット広告市場規模が昨年7000億円でしたので、20%といえば1400億円相当の規模となります。まだまだ日本のアド・ネットワーク市場は伸びていくと考えられます。

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する