オルタナティブ・ブログ > 広屋修一の「Webマーケティングの進化は続く」 >

Webマーケティングのトピックスや、インターネット広告関連技術などを紹介します

米国ディスプレイ広告調査レポート(Collective-media社)

»

 Collective-media社発表の "2010 Display Advertising Study" のレポートに、米国アドネットワーク/アド・エクスチェンジ関連の調査データが載っていましたので、気になるグラフのタイトル名と項目名をささっと和訳して、データを引っこ抜いてみました。

           
  Ad Network を使う一番の理由は何ですか?
      2009年 2010年  
    リーチ 68% 72%  
    ターゲティング 61% 65%  
    最適化 46% 41%  
           
  Ad Network間で何が一番違いますか?
      2009年 2010年  
    ターゲティング 19% 18%  
    視聴者構成 - 13%  
    広告在庫品質 23% 11%  
    サイトの透明性 12% 10%  
    リーチ 3% 8%  
           
  ■どんなターゲティングを利用していますか?
      2009年 2010年  
    デモグラフィック 72% 70%  
    行動ターゲティング 69% 59%  
    コンテンツマッチ 60% 56%  
    サイト・カテゴリ 67% 47%  
    地域 60% 43%  
    リターゲティング 48% 38%  
           
  Ad Exchangeを利用する際に最も重要なことは何ですか?
      2010年  
    ターゲティング 55%  
    価格 52%  
    最適化 46%  
    分析 44%  
    リーチ 41%  
           
  Ad Exchange がいつかは Ad Netowrk に取って代わると思いますか?
      2010年  
    YES 28%  
    NO 72%  
           
  Ad Network の性能を評価するのにどのような指標を利用しますか?
      2010年  
    CTR 64%  
    CPC 61%  
    CPA 48%  
    ブランド認知度向上力 35%  
    インタラクション率 33%  
    ブランド好感度向上力 25%  
           
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する