オルタナティブ・ブログ > An Agile Way >

アジャイルに行こう!

IBM Rational Software Developer Conference の最終日、基調講演で、表彰される

»

RSDC の最終日。

今日は、午前中ですべてのセッションが終了し、最後の基調講演です。カンファレンス全体のまとめ。今回の全体をつらぬくテーマは、「ヒーロー」。Rational Hero として、開発者、テスター、プロジェクトマネジャー、ビジネスアナリスト、アーキテクト、といった個人個人が現場を救うヒーローになる、という話が全体に流れています。講演者 Grady Booch も、ヒーローとして紹介されています。今回発表になったJazzというテクノロジーを、それぞれの現場のヒーローが協調して問題解決するぷラットフォームである、として。そして、「現場のヒーロー」として、参加者の体験談を募集していました。

ぼくも、せっかくだからメールで応募。

「日本では、アジャイルという言葉が通りにくい。でも、個人とチームの重要性をプロジェクト・ファシリテーションとして抜き出し、現場に浸透させる活動をしている。そして、Jazzによるアジャイル支援に期待している」

という内容を書きました。

この内容がベストに選ばれ、基調講演で表彰されました。商品は iPod Touch。ラショナルの副社長、Scott Hebner から手渡しされました。

Scottwithprize

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する