オルタナティブ・ブログ > An Agile Way >

アジャイルに行こう!

Paul Graham in "Joel on Software" あるいは、新しい会社に就職するときの心得

»

今日は角谷さんの企画で、Aardvark'd のDVDを見た。Joel on Software で有名な会社にきた Intern たち(いわゆる nerd というか、geek)が、ソフトウェアの世界になじみ、巣立つまでの 12 weeks を描いた映画。

面白かった。生Paul Grahamを初めてみたが、かなり俳優バリの存在感。いわく、

「ハッカーと言う言葉には sneaky なにおいがある。そして、もともと”創造”と”ハック”には似たニュアンスがあるのだ。例えば、相対性理論というのは、ユークリッド空間の sneaky なハックだ。」

なるほどー。(ちなみに上映会の後、角谷氏は自転車で30分以内で通える通勤路を見つけることを、「通勤ハック」と呼んでいた。)

この映画を見て、採用ということについて考えてみる。どういうタイプの人間が、この業界には必要なのだろうか。例えば、当社の採用したい人材像というのは、

    1. 志の高い人
    2. 考える技術のある人
    3. 柔軟な思考ができる人

となる。結局、「Javaができる人」、みたいな短期的な能力スペックは効かない。やはり効くのは「問題解決能力」。そのためには、「問題発見能力」が欲しい。そして、漫然としていては問題発見はできない。問題は、理想と現実のギャップだ。だから、「志の高い人」が必要で、その志と現実のギャップを感じ取れることが重要なんだ。それを、思考フレームワークに載せられる、つまり「考える技術」が欲しい。そして、その技術はゼロベースでありたい。Thinking out of box が出来ること、つまり「柔軟な思考」。この3点はうちの社長の「人材3訓」であるが、ぼくもこれに関しては完全同意だ。

もし、もう一点を加えるとしたら、やっぱり、

4. Ruby が出来る人、を募集です。

仕事としてRubyを使うかどうか、は置いておいて、Rubyが出来ることは強烈な採用アピールです。うちの採用に興味がある人は、hiranabe@esm.co.jp まで、ぜひ、4点のうち少なくとも3点をアピールしてください。今、東京支社を大きくする構想の中にあるので、ベストタイミングです。

あとで気づいてちょっと補足を。。。

    1. 志の高い人
    2. 考える技術のある人
    3. 柔軟な思考ができる人

の2と3は、ちょっと被ってますね。もう一度うちの会社らしさを入れてみると、3を2に入れてしまい、これを追加したい。

個人よりもチームのパフォーマンスを重視する人

うちの会社は「一匹狼の集団」ではない。ほとんどチームで仕事をする。だから、ファシリテーション・マインドがある人は、あちこちで人気がある。

さらに、「Javaができる」はダメで、「Rubyができる」がOKな理由は、経験からRubyができる人には、条件を満たして、さらにあまりある個性を放つ人が多かった、ということに基づいている。あくまでも経験なんですけど...。

Comment(3)

コメント

MARUYAMA

なんとなくJAVAを勉強する人はいてもなんとなく
Rubyに取り組む人はいなかったからではないで
しょうか。Rubyのように面白そうなものを積極的
に手を出していく人は、スキルアップの手間を惜
しまないタイプだと思います。しかしRuby on
RailsなどでRubyが注目を浴びているので今後は
状況が変わってくるかもしれません。そうは言って
もJAVAほどは流行らないか。

平鍋

なるほど、そうですね!

kuboaki

私はさいきんもっぱらRubyですが、いかがでしょう!?というのはさておき、
「Rubyができる」がOKな理由は…のくだりで、かつて要員面接等で「viが使えるか?」
ときくことでUnixの経験を見定めたことを思いだしました。

コメントを投稿する