オルタナティブ・ブログ > An Agile Way >

アジャイルに行こう!

JUDEプライベートセミナー(大阪)

»

20日、クレオ西大阪にて、JUDEのプライベートセミナーを大阪で開催しました。

50人あまり集まって頂き、ちょうどよい人数で開催できました。東京でもそうでしたが、いつも募集よりも多くの応募を頂き、抽選で漏れた方には大変申し訳ないです。

さて、内容ですが、UML(クラス図とユースケース図)、マインドマップ(議事録、アイディアのまとめ方)、そして、両者の融合(行ったりきたり)です。

やりながら、図書館システムのモデルをリアルタイムでデモしながら作っていきますが、マインドマップ⇒ユースケース図、クラス図、状態遷移図、という典型例が一つできました。

ユーザインタビューの雛形として、マインドマップにて、

  • 誰が使いますか?
  • どんな場面で使いますか?
  • 管理したいものは何ですか?

の3つを用意しておく、というもの。そして、そこで獲得した情報を元に、ユースケース図、クラス図、状態遷移図を描く。簡単で、なかなか、面白い例ができたと思う。

とても単純化した例ではあるが、このアイディアを実践していくことでもう少し現実的な事例ができそうだ。

※次は福岡行くか!?

Library Library2

Library3

Comment(1)

コメント

kuboaki

子供たちに読書感想文を書かせたときの
アプローチが、まさにこれです。

コメントを投稿する