オルタナティブ・ブログ > Planet GEEK >

社会的にアレな人に最適化されたブログ

wizpyを買うかって? そりゃあ……

»

 ということで、ターボリナックスが「wizpy」を発表しました。同社の株価も最後で跳ね上がって注目度の高さが伺えるわけですが、発表会では小倉優子さん目当ての報道陣の方が多いというなんとも言えない香ばしさが漂っていました。明らかに言わされている感が漂う命名の神事?は失笑を禁じえませんでした。

Dsc_1371  さて、製品自体についてですが、リユースPCと組み合わせた販売であれば、それなりに、特に、教育関係などでは需要もありそうな気がします。技術的にはこれまでに分かっている範囲ではそれほど革新的な部分があるわけではなく、KNOPPIXをUSBメモリなどに入れてブートさせる術を理解していて、アプリケーションの設定ファイルなどの置き場所なども気にかけられる方であれば、素直にiPodを買った方がいいかもしれません。また、画像編集系のアプリケーションなどは標準では入っておらず、それら標準以外のアプリケーションを欲した場合、ターボリナックスがオンラインアップデートで追加してくれるのをじっと待つか、自分でガシガシ入れるか(要知識)の難度の高い2択を迫られるので、購入するなら「メールとブラウザだけでいい」レベルの割り切りが求められることになります。Going My Wayさんのサイトで知ったのですが、おりしも、PortableApps.comでUSBドライブから起動可能なFirefox、OpenOffice.org、Thunderbirdなどが提供されており、iPodを持っている方なら少しがんばれば同じような環境は作れるでしょう。

 個人的には、ICレコーダとFMラジオの機能が標準で付いている点が取材などでも利用できるのでありがたいのですが、欲を言えばバッテリーの持続時間を犠牲にしても無線機能を内蔵していただき、Skypeが単体で呼び出せるなら購入しても悪くないと思います。さらに、オフラインでも心配せずにすむよう、SDカードスロットなども搭載していただければありがたいところです。

Comment(2)

コメント

作った人?から言わせてもらえば、iPodを持っている人ならがんばれば自分でも作れるんですけど、企業さんが製品として出してくれるのはとても素敵です。なぜなら誰もががんばれる訳ではなくて、がんばれない人でも、がんばりたくない人でも、ちゃんとしたものが手に入るからです。
人間、どこかでがんばている訳ですが、どこでがんばるかを自分で決められるのは、とても好きです。作ることをがんばれる人しか使えないのではなく、何か他のことをがんばるために使いたいという人にも、USBメモリ起動PCをお手軽に使う選択肢が増えた訳ですから、歓迎すべきことと能天気に考えています。
個人的には、iPodShuffleを持っていますが、その替わりに持つのも良いかなぁと(笑)

にす

おぉ、小菅先生ではありませんか! ご無沙汰しております。最近のご興味はテスト関連でしょうか? またお話をお聞かせいただく機会を頂戴できればうれしいです。

コメントを投稿する