オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

Symbianオープンソースプロジェクトが失敗、Nokia管理下に入る

»

Symbianの年次カンファレンスの前日、NokiaはSymbianを自社管理下に置くことを発表した。

Nokiaのプレスリリースはあいまいだが、ReutersによるとSymbianプラットフォームの開発は2011年4月以降、Nokiaで行われることになるという。

Nokiaは2008年6月に英Symbianを買収して完全子会社として、オープンソース団体のSymbian Foundationを立ち上げた。誰もが開発に参加でき無料で利用できるオープンソースにすることで活性化を試みたが、ふたを開けてみるとオープンソースのモバイルOSは「Android」の1人勝ち。選択肢が増えたメーカーは競合のNokiaの息が強いSymbianよりも、Googleを選んだ。

今年に入りメーカーによるSymbian離れは明確になり、Symbian閉鎖のうわさもあった。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する