オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

Samsungのアプリストア「Samsung Apps」、欧州で1000万ダウンロードを達成

»

Samsungが携帯電話、PC、TV向けに展開しているアプリストア「Samsung Apps」、欧州ユーザーのダウンロード数が1000万回に達したようだ。

Samsung Appsは2009年9月にローンチ、現在、欧州では34カ国、本国の韓国などを入れて合計109カ国で提供されているという。ゲーム、ソーシャルネットワーク、eブック、ヘルスケア関連などさまざまなカテゴリがあるが、最もダウンロード回数が多かったのはEAの「Need for Speed」とのこと。

Samsungはスマートフォンプラットフォーム「Bada」を搭載した「Samsung Wave」を6月に発売したが、Samsung Apps経由でのBada向けアプリのダウンロードは全世界で1400万回に達したことも発表している。

Samsung、LGともスマートフォン出遅れがいわれたが、スマートフォンでの苦戦が露になっているLGに比べるとSamsungの底力を感じる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する