オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

Nokia会長のOllila氏が2012年で退任?

»

CEOの交代ナンバー2の退社と、「Nokia World」前後から人事関係のニュースが続いているNokia。今度は会長のJorma Ollila氏が2012年の任期満了を持って、会長職を退くという報道が出ている。

Wall Street Journal
によると、Nokiaの代表者が「Ollila氏は2012年に退任する予定」と述べたという。Ollila氏は長くNokiaのCEOとして君臨し、携帯電話事業にフォーカスするという戦略の下でナンバー1に持ち上げた人物。2006年にCEOを退き会長となった。

Ollila氏は執行権限を持たない会長であることから、表面上は影が薄いが、Nokiaに大きな影響力を与えてきたはず。2012年に退任が本当かどうかはわからないが、Nokiaに大きな変化が訪れているのは間違いない。

*過去のブログを見ていたら、こんなこと(2006年のNokia World)もあったみたいで。なつかしいなあ。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する