オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

iPhoneユーザーの92%が買い換えるならiPhone、Blackberryユーザーは乗り換え希望?

»

欧州とは関係ないけど、米Crowd Scienceの調査から。

「明日スマートフォンを買うなら、どのスマートフォンを買いますか?」という質問に対し、iPhoneユーザーの92%が「iPhone」、Androidユーザーの87%が「Android」と回答した。一方、Blackberryユーザーの39%は「iPhone」、34%は「Android」と回答するなど、チャンスがあればiPhoneやAndroidを使いたいと思っていることがわかった。

iPhoneとAndroidの両プラットフォームのユーザー満足度はかなりのもので、「友人や家族に推薦するなら?」という質問には、iPhoneユーザーの97%が「iPhone」、Androidユーザーの100%が「Android」と回答した。Blackberryユーザーでも52%が「iPhone」、28%が「Android」を推奨するという。

この調査は、ユーザーを「iPhone」「Android」「Blackberry」「その他のスマートフォン」の4つに分けて集計しているが、回答は「iPhone」「Android」「他のスマートフォン」「通常の携帯電話」とBlackberryが入っていないので、Blackberryユーザーのロイヤリティ度は正確にはわからない。たとえば、最初の質問でBlackberryユーザーの49%が「その他のスマートフォン」と、2つ目の質問で64%が「その他のスマートフォン」と回答している。

ロイヤリティの高いiPhoneユーザーが、iPhoneの次に買いたいと思っているのは「Android」。AndroidユーザーがAndroidの次に買いたいと思っているのは「その他のスマートフォン」となっている。

調査ではアプリケーションなど、スマートフォンの利用状況についても調査している。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する