オルタナティブ・ブログ > 欧州の視点 >

あまり紹介されることのない欧州系ITニュースが読めるブログ

Nokia、N900の発売を延期

»

Nokiaが先週末、「Nokia N900」のローンチを1カ月遅らせることを明らかにした。N900は11月後半に欧州など主要市場に登場することになる。

Nokia N900は、これまでインターネットタブレットで採用してきた同社のLinuxベースのモバイルOS「Maemo」ベースの初の携帯電話。Appleの「iPhone」に押され気味のNokiaだが、スマートフォン市場の流れを変えるための勝負に出る重要な一台だ。

Nokiaは延期の理由として、同端末向けにアプリを開発する開発者のフィードバックを得るためと説明している。

Nokiaが最初にMaemo搭載機「Nokia 770」を発表した際のインタビューはこちら。2005年と比べると、ずいぶん事情が変わったなと実感する。

Nokiaが買収したアプリとUI開発のQt(Trolltech)では、SymbianとMaemo向けに開発ができる。SymbianのイベントでQtの人と話をしたが、MaemoとQtは、2~3年ほど前からスマートフォン強化のためにNokiaが進めてきた戦略とのことだ。

NokiaのQt戦略についての記事はこちらを。このほかにも、Nokia、Qtに取材したので、記事が公開されたら報告します。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する