オルタナティブ・ブログ > 未来の人事を見てみよう >

人事・組織領域を専門とする、クレイア・コンサルティングの広報・マーケティング担当です。人事・組織・マネジメント関連情報をお伝えします。人事やマネジメントの方々にとって、未来の組織を作り出す一助になれば大変うれしいです。

Macを使うほうがよりリッチになり生産性も高い、という調査結果

»
クレイア・コンサルティングの調です。こんにちは。
本日のエントリは生産性について。といっても、個人の能力というよりも(それもありますが)パソコンについて。
出典はBUSINESS INSIDER SAIです。


People Who Use Macs At Work Are Richer And More Productive
Macを使う人はよりお金持ちでより生産性が高い


アメリカの大手リサーチ会社、Forresterが3年前に、「Macのことは忘れろ。ビジネスではやっぱりWindowsだ」という記事を出したそうなんですが、

Not any more.

もうそんなことはない。

のだそうです(笑)。

ちょっと前ですが、10/27付でForresterが出したレポートによると、

IT departments should formally support Macs as well because the best employees prefer them and are bringing them to work anyway.

IT部門は公式にMacもサポートすべきだ。なぜなら優秀な社員がそっちを好むし、そもそも彼らが仕事に持ち込むのだから。

とForresterのDavid K. Johnson氏が書いています。

同じ内容を扱ったFortuneの記事においては、

Johnson called Mac users the "heavy hitters" and "heroes" in organizations, and said that they hate Windows PCs because they slow them down and look cheap.

Johnson氏はMacユーザーを組織内の"強打者"で"ヒーロー"と呼んでおり、彼らは仕事のスピードを低下させ安っぽく見えるWindows PCを嫌っていると語っている。

と書かれています。

まぁ、ここまでは個人の主観的意見(Those are matters of opinion.)、とSAIも書いているのですが、Forresterのレポートでは、マイクロソフトとPCのパートナー達をナーバスにさせるデータやストーリーも書かれていたとのこと。

  • Mac use is growing. 22% of organizations expect Mac use (not iPad use) to increase at their place of business within the next 12 months. Only 3% expect it to decline.

    Macの利用率は増加している。今のビジネスのペースでいけば1年以内にMac(iPadでなく)の使用を増加させると回答した組織が22%あった〔欧米590のIT部門に対する調査〕


  • Companies may not be willing to pay the Mac premium, but employees are. IT departments don't usually buy Macs, but high-level employees who can afford to bring their own computer to work are often choosing Macs.

    会社はMacに余計なお金をかけたいとは思っていないが、社員はそうではない。IT部門は通常Macを購入しないが、高い技術を持つ社員で自分のコンピュータを会社に持ってくる余裕のある人はたいていの場合Macを選ぶ。


  • These employees tend to be the richest and most productive. Forrester suggests that the typical Mac user fits in the segment it calls "power laptop" users, who work an average of 45 hours a week and make 44% more money.

    そしてこれらの社員は社内で一番リッチで生産性が最も高いことが多い。Forresterは、これらの典型的なMacユーザーが"パワーラップトップ"というセグメントに分類され、週平均45時間働き、他の社員と比べて44%も高い給与をもらっていると推察している。

今や

"Most of the Macs today are being freewheeled into the office by executives, top sales reps, and other workaholics."

「Macの大多数は経営幹部やトップ営業パーソン、その他ワーカホリック達によって社内を自由に動き回っている」

とのことです。貴社での状況はいかがでしょうか。詳細を知りたい方は、是非Fortuneの記事をお読みください。Forresterのオリジナルのレポートは残念ながら5ドルかかります。

この記事を書いてて、毎日お読みいただいている方の何人かを敵に回してしまった感が無きしもあらず、ですが、ご安心ください。私はこれをPCで書いてます!(家はMacですけど) Windowsボタンでショートカット多用して生産性向上させてます!
しかし、社員の生産性を上げようとする施策に、Macの使用を検討項目の一つとして入れるのも、経営/人事戦略上も"アリ"なのかもしれません。

お読みいただきありがとうございました!
TGIF! and Have a fruitful weekend!


あまりいらっしゃらないとは思うのですが、頻繁に弊社サイトにお越しいただいている方はお気づきかもしれませんが、トップページにバナーが出来たり、そのサイズが変わったり、リンクの色が変わったりと、実はいろいろ変化しています(ちょこちょこ手直ししています)。

人事制度改革のカバー範囲(リンク先左側に一覧が出ます。見にくい...)などは、他社に負けないくらいの広さを誇っております。未だ見にくかったり工夫が必要なところも多々ありますが、徐々に修正していきますの温かい眼で見守っていただければ幸いです。

ちなみに、個々の施策ではなく、大きく人事制度や人事システム全体の策定、見直し等ももちろん可能ですし得意とするところです。ディスカッションのみでも結構ですので是非お問い合わせ下さいませ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する