オルタナティブ・ブログ > 未来の人事を見てみよう >

人事・組織領域を専門とする、クレイア・コンサルティングの広報・マーケティング担当です。人事・組織・マネジメント関連情報をお伝えします。人事やマネジメントの方々にとって、未来の組織を作り出す一助になれば大変うれしいです。

クールビズではどこまで許されるのか(米国版)

»
クレイア・コンサルティングの調です。こんにちは。
本日は初めて誠ブログのお題にのっとり「クールビズ」について。

アメリカの人材関連企業、Adeccoの調査結果が取り上げられていました。

まずはFast Companyの記事より。


※「クールビズ」は和製英語ですので、絶対に海外などでは使わないように!!!



Flip-Flops, Miniskirts: The Worst Of Summer Work Attire

サンダル、ミニスカート: 夏の仕事服では最悪の烙印

http://www.fastcompany.com/1767299/flip-flops-miniskirts-the-worst-of-summertime-work-attire



アメリカは日本以上に、昔ほどスーツに限定されたドレスコードではなくなってきてはいます。中でも特徴的なのはGoogleで、


Colorful, fun companies like Google have proved success isn't derived from stodgy work outfits but can be achieved even in T-shirts and V-necks. ("You can be serious without a suit" is actually one of core philosophies.)

色鮮やかで楽しげな会社、例えばGoogleなどは、成功は面白みの無い格好ではなく、TシャツやVネックでも達成できることを証明している。(「スーツがなくても真剣に仕事はできる」というのが実際の彼らの理念の一つとして掲げられている)


とはいえ、働く人々がどんな服を着てもいいというわけではなさそうです。


According to a new survey by human resources solutions company Adecco, when it comes to casual attire, especially during the summer, employees still have pretty strong views about what they find acceptable to wear in the office. While 74% of Americans think it's acceptable to dress more casually in the summer, there are certainly limits to workplace fashion.

人事ソリューション会社Adeccoが実施した最新の調査に、特に夏のカジュアルな服装について聞いてみたところ、人々が職場へ着ていく服についてどこまで許されるかについて、かなり強い意見を持っていることが明らかになった。74%の人が夏によりカジュアルな格好をすることを許容しているが、職場での服装については一定の制約があることが分かった。


結果はBNETから引用します。



Summer's #1 Office Wardrobe Mistake

夏の通勤服における最大の過ち

http://www.bnet.com/blog/business-research/summers-1-office-wardrobe-mistake/1909



  • Flip-flops are the biggest "don't." 71 percent of people said they shouldn't be worn to work, even though only 31 percent say they object to open-toed shoes in general.

    サンダルが最も"やっちゃだめ"なことだった。たった31%しかつま先の開いた靴に反対していないにもかかわらず、71%の人がサンダルを仕事にはいていくべきではないと回答した。

  • Miniskirts don't fly, but more men than women say they're okay. 80 percent of women say miniskirts are inappropriate for the office, but only 60 percent of men feel the same way.

    ミニスカートも受け入れられないものの、男性のほうが女性よりもOKを出す割合が高い。80%の女性がミニスカートは職場には適切でないと回答している一方、男性では同じように考える人は60%に過ぎなかった。

  • Strapless tops get a thumbs down, with 66 percent of people saying they should not be worn to work. Not surprisingly, men are more likely to think they're okay. 76 percent of women say they're inappropriate, compared to just 55 percent of men.

    肩紐の無い上着もダメで、66%が会社に着ていくべきではないと答えている。これまた当然ながら、男性はOKを出す人が多い。76%の女性が不適切と回答したのと比べて、男性で不適切と回答したのは55%だった。

  • Shorts are creeping toward acceptability. Just over half of people still think they're inappropriate for work, though.

    短パンは本当にゆっくりにだが受け入れられてきているようだ。とはいえ、まだ半分ちょっとの人が、仕事場には不適切と回答してはいる。


まぁ、アメリカのミニスカートは、足の長さもあいまって、本当に短いですからね。。あと、サンダルはミュールというよりも本当にビーチサンダルを意味しているものと捉えてくださいませ。

また、Casual Fridayやフレックスタイムのような特定のタイミングにカジュアルにするほうが望ましい、との結果が60%に達しているようです。


とはいえ、日本は政府主導のスーパークールビズ(PDF)で、環境省でもかなり大胆な施策を打っていますから(PDF)、逆にこのアメリカの施策のほうがおとなしい印象もあります。

ところで環境省の女性の方は、どうしているんでしょうね。。この施策では男性向けのガイダンスが多くを占めている気がします。


そして、誰も興味無いでしょうが、私はコレを愛用しています。軽さは昨年のラインのほうが良かったのですが、涼しさは今年のほうが上ですね。

ただし、シャツや下着など、きちんと選ばないと透けて恥ずかしいことになりますので(指摘され済)、その点はご注意を!


それにしても暑いですね。体調を崩さないよう&台風に気をつけながら、今週も頑張りましょう。

ご一読感謝!





Comment(0)

コメント

コメントを投稿する