オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

【濱田宏貴】どこよりも早い!SoftWindows 95 5.0β版レポート【Macintosh WIRE 1998.01.20】

»
 もう1本、濱田宏貴さんの執筆記事を見つけたので再掲載します。
 SoftWindowsは彼の最初の書籍のテーマでもありました。MacUser日本版から出した最初の書籍です。


* Macintosh WIRE * ================================================= *

[REVIEW]●どこよりも早い!SoftWindows 95 5.0β版レポート
  ------------------------------------------------------------------

 先日発表があったとおり,Insigniaは同社のPCエミュレータアプリケーショ
ン『SoftWindows 95』をバージョンアップした。新バージョンのSoftWindows 
95 5.0では,アプリケーションやドライバの改良によって25%のパフォーマン
スアップがされているのを最大の特秩Eとしている。ここでは入手できた日本語
版のβバージョンを使った使用レポートをお伝えしよう。

●SoftWindows 95 4.0と比べて確かに速くなったが……

 最大のウリ文句の「パフォーマンスアップ」がやはり気になるところ。まず
はこれをチェックしてみた。

  -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
《ベンチマーク》HDBENCH 2.51 (EP82改/かず 氏作のフリーソフトウェア) に
よるベンチマーク結果

                       ALL   浮    整    矩    円   Text Scroll DD
SoftWindows 95 5.0β  4105  7904 10383  3890   979  1531    73   3
SoftWindows 95 4.0    2873  1106  7270  3957   594  1500    69   1
Real PC 1.0 (Win95)   4147  7914 10356  3886   944  1501    72   3

*テスト環境はPower Macintosh 7500/100にPowerPC 750/250MHz (セカンド
キャッシュは512Kバイト/125MHzクロック) /合計80Mバイトメモリを搭載したマ
シンにMac OS 8標準インストール
*各アプリケーションにはPCメモリ32Mバイト,デルタキャッシュ2Mバイト以上
になるようにメモリ割り当てし,Windows 95デスクトップは640×480ピクセル
/256色に設定
*このほかの設定項目はインストール直後の状態
*Real PCはWindows 95をインストールしたときの値
  -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --

 この結果は数字が大きいほど高速であることを意味する。CPU性能を示す「浮 
(浮動小数点演算) 」と「整 (整数演算) 」,そして描画性能を示す「DD 
(DirectDraw) 」の値がSoftWindows 95 4.0と比べて大きくパワーアップしてい
ることが分かる。

 CPU性能の向上はPCエミュレータアプリケーションの改良によるものだ。アプ
リケーションファイルの制作日時は,SoftWindows 95 4.0→Real PC 1.0→
SoftWindows 95 5.0と新しくなっており,改良が続けられていることがわか
る。DirectDrawの性能向上にはWindows 95用ディスプレイドライバの改良も含
まれているのだろう。こちらもSoftWindows 95 5.0では日付が新しいドライバ
が使われていた。

 ただ,ついこの間出荷されたReal PC (DOS環境下での利用を目的に作られた
同社製のPCエミュレータ。Windows 95をインストールして使うことも可能) に
Windows 95をインストールした状態とは,ほとんど同程度の性能である。
SoftWindows 95 4.0とSoftWindows 95 5.0とではちょっとした操作でももたつ
きが少なくなっているように体感できるが,Real PCとSoftWindows 95 5.0とで
は違いは分からなかった。

 なんにせよSoftWindows 95 4.0と比べて速くなったことは素直に喜べる。た
だ,4.0ではなかった「SoftWindowsをバックグラウンドに回したとき
Macintoshアプリケーションの動作がキーボードの反応を中心にやや重くなる」
という現象が5.0に発生した。

●機能やインタフェースもReal PCと同等になった

 機能では,「MMX命令サポート」「DOS環境でも利用可能なSound Blaster 
Pro&Sound Blaster 16互換」「Macintosh用ジョイスティックのサポート」
「バッチファイルをMacintosh上から直接実行できるEasyLaunch」などが
SoftWindows 95 4.0と比べて強化された。

 また,4.0に引き続いて「ファイル共有 (ロングファイルネーム対応) 」「ク
リップボード共有 (テキスト/ペイント対応) 」「Macintosh用IMを利用した入
力サポート」「ターボスタート (Windows 95のみ) 」「PC SCSIサポート」
「Open Transportサポート」「AppleScriptサポート」「ハードディスクファイ
ルの拡張/縮小」などの便利な機能ももちろん用意されている。

 そして,さまざまな機能を設定するメニューのインタフェースは
SoftWindows 95 4.0のようにメニュー項目から選択するのではなく,設定ウィ
ンドウを出して各設定値を指定できるようになった。また,ターボスタートに
ショートカットキーが割り当てられるなど,メニューの構成にも手が入れられ
ている。

 実は,これらはすでにReal PCで実現されたものなのだが,豊富になった機
能,使いやすくなったインタフェースに文句はもちろんない。

●Real PC+Windows 95=SoftWindows 95 5.0!?

 ここまで読めばお分かりの通り,このSoftWindows 95 5.0は「Real PC 1.0に
Windows 95をインストールしたもの」にかなり近いと感じた。性能/機能/イン
タフェースのどれもが,SoftWindows 95 4.0と比べれば優れているものの,
Real PCと比べるとそう違わない。

 だからといってSoftWindows 95 5.0が意味のないものだということは決して
ない。MS-DOSベースのReal PCにWindows 95を導入するのはある程度の知識と短
くない時間が要求されるし,なにより面倒だ。それがSoftWindows 95 5.0の登
場によって,高性能なWindows 95環境が手軽に得ることができるようになった
わけだ。

 筆者はPCエミュレータの中でWindows 95環境を用いるならSoftWindowsが最も
優れていると思っているだけに,この製品はベスト候補にあげられる。ただ,
もちろんコストパフォーマンスも重要な要素だ。現在,SoftWindows 95 4.0は
Real PCとWindows 95システムを足した値段より安く買える。これと同じ価格設
定がされれば,コストパフォーマンスも優れ,ベストな製品に確定できるのだ
が……。

 PowerPC 604e搭載機でのテスト,Officeやゲームなどのアプリケーションを
使ったテスト,コストパフォーマンスの評価に関しては正規版が入手できしだ
いお伝えする。

[濱田宏貴,Macintosh WIRE]
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する