オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

自分をUTAU音源化する:自分音源に戦いを挑む

»

 自分のUTAU音源を投稿したものの、やっぱり比較対象が必要だね、ということで、2コーラス目以降を自分で歌ってみました。いかがでしょうか? どっちもだめでしょうか(笑)

 しかし、UTAUで残せるのは音素レベルの情報なので、歌い方までは残せない。自分の歌い方を残すための方法としては、ぼかりすとSinsyということになるんだろうなあ。そのためにはボーカルのみのトラックをできるだけ残しておく必要がある。誰が必要とするかは別にして。

 とすれば、シーケンスがある場合にはそれに合わせて歌ったボーカルトラックがあるといいのかなあ、なんて思ったり。

Comment(1)

コメント

ななし

UTAU版ぼかりすの「うたりす」というのもあります。
また、飴屋氏開発のHANASU支援ツールも同様の機能があったりします。
まあ、本家には遠く及びませんが面白いですよ。
しかし、そうなるとボーカルトラックはますます重要な感じがします。
でも、曲の全てではなく特徴的な部分を抜き出してフレーズの癖をたくさん残す、みたいな感じが現実的なのかも知れませんね。

コメントを投稿する