オルタナティブ・ブログ > CloseBox & OpenPod >

Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

「iPhone疲れ」についてつぶやいてみた

»

 iPhone疲れってあるんですかね?という話をTwitter上でしてみた。

コメントの文字数をカウントしたら158投稿、4万字あった。「iPhoneやめました」でちょっと考えた:CloseBox and OpenPod http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2009/12/iphone-65b7.html
posted at 00:14:52

@ejiwarp たしかに。ぼくはもうノートPCを持ち歩くのをやめているのですんなりiPhoneで幸せをゲットしたのですが、ノートPC + ケータイを完成形として見ている場合には幸せにはなれないでしょうね
posted at 01:23:43

吉岡編集長の「iPhoneやめました」で思ったんだが、「iPhone疲れ」という新ジャンルを提案してはどうだろうか
posted at 18:20:48

@yukatan 新しいiPhoneアプリがどんどん出てくるけど、そういうのを追っていくのに疲れた人ってぜったいいると思うんだよね。そういう人にとっては苦痛でしかないかと>iPhone。これで記事できるかなw
posted at 18:31:44

一定以上の情報流量についていけない人たちってのは必ず存在して、その人たちから見ればいまのiPhoneアプリの情報ってぜったいにきついと思うんだよね。ただ、そういうiPhone疲れの記事を書いても、そういう人たちには届かないだろうというw
posted at 18:52:25

逆に、そういうところはコベタン(コンベンショナル端末。スマートフォンじゃない、いわゆるフツーのケータイ)、ガラケーの狙いどころだろうね。疲れがちな人たちには「たくさんありますよ」じゃなくて、「選りすぐったものは必ずこちらで用意します」という、AppleのiLife的やり方でいいかと
posted at 18:57:09

 そこで重要になってくると思われるのが、テレビCMの存在。疲れる人たちには受動的媒体が合っている。マスに訴えかけるにはそれしかない。そんなことを、キムタクが使っているiPhoneアプリに関する話題で思った。

Guitar Toolkitかな。しかし渋いアプリを持ってきたもんだ。Pocket GuitarとかiShredのほうがw RT @kengo: iPhone CMギャラリー SMAP NY 屋上編 SoftBank http://bit.ly/8CsbnM
posted at 18:19:01

 「iPhone疲れ」はいまの顕在化してないように思うけど、そういう現象があるとしたら、誰か記事にしてみてーw

Comment(2)

コメント

iPhone疲れ、面白い言葉ですね。

ぶっちゃけると、iPhoneそのものに対する疲れというよりは所謂信者気質の人たちによる過剰な礼賛行為には疲れてしまいます。
iPhoneが優れてるのはわかるんですが、完全無欠ですか?と。
所謂ガラケーや他のスマートフォンについて一方的に扱き下ろしたり、iPhoneのデメリットを完全に無視して礼賛するという、iPhoneを取り巻く環境に対しては疲れてしまいますね。
iPhone新機種発売のたびに発生する馬鹿騒ぎも冷ややかにしか見ることが出来ないってのが本音だったりします。

Sasa

iPhoneとは携帯電話を再定義するために生み出されたデバイスで、一般の携帯電話と比べて無い機能というのがあります。
それを欠点と考えるか、それに沿った使い道を新しいスタイルと考えるかで、iPhoneの見える姿は違うと思います。
だからiPhoneとそれ以外の信者の方々の戦いは思想の戦いになりがちです。
なぜならiPhoneの信者はほかの信者から絶対的な欠点に見える部分を欠点と思っておらず、逆にしたり顔で指摘してきた相手が古い考えに囚われた人々に映るからです。
仕方がない対立かなとか思っています。

コメントを投稿する