オルタナティブ・ブログ > 海外速報部ログ >

海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

プリウスは「エコな人」のホワイトバンドみたいなもの

»

 デルのハマーとかジョブズのベンツとか、なんだか車の話が多いんですが、今日はプリウスのお話。7月4日付のNew York Timesに「ハイブリッドと言ったらやっぱりプリウスだよね(Say ‘Hybrid’ and Many People Will Hear ‘Prius’)」という記事が載っていました。調査によると、プリウスを買う主な理由は「エコに気を遣っています」ということをアピールできるから、なんだそうです。実はカムリにもシビックにもハイブリッドバージョンがありますが、それではハイブリッドだと一目で分からないからだめなんですね。The Prius has become, in a sense, the four-wheel equivalent of those popular rubber “issue bracelets” in yellow and other colors.つまり、ひところ日本でもはやった「ホワイトバンド」のようなものだと書かれています。

 ちょっと前に「Google、プラグインハイブリッドカー普及計画を発表」という記事を掲載しましたが、この「ハイブリッドカー」もプリウスです。セルゲイ・ブリンもラリー・ペイジも、もちろんプリウスに乗っています。

 エコな人といえば「不都合な真実」のアル・ゴア氏ですが、同氏のご子息、アル・ゴア三世氏(って変な表記)も、CNNのプリウスがらみの記事で登場。「スピード違反で青いプリウスを停止させたら運転してたのはゴア三世でしかもマリファナ臭かった」という不名誉な話ですが。お父さんがエコエコ言ってなければ記事タイトルに「プリウス」という固有名詞は載らなかったでしょうに。

 そんなことよりiPhoneを触らせてもらい、結構さくさく入力できて興奮している澤でした。

関連リンク
地球温暖化対策、Amazon.comは0点――Climate Counts調査

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する