オルタナティブ・ブログ > インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング >

テレビのデジタル化がドライビングフォースとなり、全ての情報メディアが一旦、収縮する時代の羅針盤

大切なのは技術判断か営業か?スマート革命が促進する創造的破壊、バルマーCEOの退任表明でマイクロソフトとノキア合併の動きは再燃するか!!?

»

<序文>

 やはりWindows8WindowsRTの不調とパソコンが売れない時代の到来を背景としてマイクロソフトのやり手スティーブ・バルマーCEOが一年以内に退任すると発表され、物議をかもしています。2000年に伝説のビル・ゲーツ氏からバトンタッチを受けた13年後の退任です。その結果、株価は9%上昇しました。

 

彼の時代にマイクロソフトはパソコン関連のライセンス販売で大儲けしましたが、株価は上がらず、またスマート革命(Windows8WindowsRTWindows Phoneの不調、機会喪失)のような新しい技術トレンドには完全に乗り遅れました。クラウドコンピューティングでもグーグルやアマゾンに押され気味です。結果としてバルマー氏は「ビジネスの人」であり、技術の未来が判る、開発魂を持ったグーグルのセルゲイ・ブリン氏のような「クリエーター」では無いからです。技術か営業かと言う要素はメーカーの永遠の課題ですね。

 

バルマー氏がどの位、技術センスが無いかと言う例として挙げられているのは2007年の「キーボードの無い、値段の高いiPhoneなど売れるはずが無い」と言う発言があります。お陰でマイクロソフトはスマート革命に乗り遅れました。営業判断としては正しいアップル攻撃ですが、技術企業CEOの技術判断としては間違いですね。

 

ビル・ゲーツ会長らマイクロソフトの役員会はスペシャルコミッティを立ち上げ、後任者を探します。そして後任が決まり次第、バルマー氏は退任します。

 

そこで後任者に名前が挙がっているのが、ビジネスが得意な人物では無く技術の未来が判る人であり、第一候補はノキアのエロップCEOなどです。

 

ノキアとマイクロソフトの合併話は(マイクロソフトによるノキアの買収)は、再燃するのでしょうか?

 

 バルマーさんとノキアのエロップさんのツーショット

Steve Ballmer & Stephen Elop announce Nokia Lumia 900

Steve Ballmer & Stephen Elop announce Nokia Lumia 900

 株価はビル・ゲーツ氏のCEO時代が最高値!!

<出所:http://readwrite.com>

★★Microsoft needs innovator-in-chief

★★Microsoft's Best Bet For Next CEO Currently Runs Another Giant Company

 

★★Ballmer Announces Retirement As Microsoft CEO

 

★★Ballmer's Microsoft: All MBA, No Developer Soul

★★Microsoft Comes Out Of Its Shell: Steve Ballmer's Social Legacy

 

引用 USATODAY

The list of executives whose names have been floated for the top job is long, including the likes of Yahoo CEO Marissa Mayer, Facebook COO Sheryl Sandberg and AOL CEO Tim Armstrong. Others mentioned include Nokia CEO Stephen Elop, Juniper CEO Kevin Johnson and Hewlett-Packard COO Bill Veghte.

引用終わり

 

<第一候補はNokiaのエロップさん?>

 リードライトウエッブの記事などは、マイクロソフトのCEOに最も相応しい人物としてノキアのエテファン・エロップCEOを挙げています。彼は元マイクロソフトのオフィスなどを販売するビジネス部門のトップでした。(2008 年から 2010年まで)

 

そしてノキアとマイクロソフトは投資の面でも深い関係にあり、ノキアのエテファン・エロップCEOはWindows8を背景としたWindowsPhone命として全力投球しています。WindowsPhoneの87%はノキアの製品です。

 

またマイクとソフトのスマート革命の方向性を意味する「ハードウエアとサービス企業」と言う意味を心底理解しています。

 

エロップさんがマイクロソフトのCEOになれば、2013年初に破談に終わったマイクロソフトによるノキア買収劇が確実に再燃するでしょう。駄目同士が一緒になっても駄目と言う見方もありますが、この両社の統合は、存外上手く行くかもしれないと筆者は思っています。

 

<第二候補はブラックベリーのCEOThorsten Heinsさん

 ブラックベリーのCEOThorsten Heinsさんも候補だそうです。何故ならマイクロソフトはブラックベリー買収とセットで話を進めることが出来るからです。

 

その他内部昇格人事(ジュリー・ラーソン・グリーンさん)も噂されたり、AOLのテイム・アームストロングCEO、フェースブックのシェリー・サンドバーグCOO、ヤフーの美人CEOのメイヤーさんらの名前を出ていますが、果たしてどうなるでしょうか?(半分以上が女性です)

 

<縦割官僚型組織を本当に克服できるか?>

 

 マイクロソフトは最近、組織改革を行いましたが、ずっと伝統的に縦割官僚型組織を維持して来ました。これがゲーツ氏の後を継ぐと言われたビジョナリーのレイ・オージー氏が同社を去った理由です。

 

さてどうなるでしょうか?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する