オルタナティブ・ブログ > 人力クラウド-あきら式 >

ものづくりやデジタル・ガジェット、発想法などハッシュ・アップな独り言。

ケース型外部バッテリー経由でOS3.0アップデートに挑戦!

»

またまた愛用中のMophie Juice Pack Air iPhone 3Gのネタです。地味でごめんなさい(^^;

このケース型バッテリーは、バッテリーのUSBを通じて、充電・同期が可能なのですが、OSのアップデートまで果たして対応しているのでしょうか。

ちょうどOS3.0が出たので、ケース型バッテリーをつけたままOSのバージョンアップが可能かどうか試してみました。これには結構、勇気がいりました。OSのアップデートとは言っても、一部のハードウェアのファームウェアまで変更されるワケですから、iPhoneにとってみれば、内部的大改造になるわけです。それを本体のコネクター以外から行なうなんて…。

結果的には、OK!

でした!

とまぁ、報告はこれだけなんですが、「Works with iPhone認定」について考えさせられました。

「Works with iPhone認定」とはApple社が定める性能基準を満たしていることを保証する、というもので、ケース型バッテリーでも、この認定を受けているものと、そうでないものがあります。Mophie Juice Pack Air iPhone 3Gは認定を受けた製品です。

Apple社が定める性能基準とやらには、OSのアップデートに対する耐久性まで入っているのでしょうか。それとも、たまたま、うまくいったのかな!?

さすがにムリだろうと思われたOSのアップデートを難なくやってのける「Works with iPhone認定基準」、恐るべし…。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する