オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

【再びおしらせ】2月7日(金)にセミナー「マクルーハンは3Dプリンターの夢を見るか?――50年目の『メディア論』と最先端テクノロジー」を開催します。

»

ということで先日もお伝えしたのですが、いよいよ今週になりましたので改めて。

昨年末にマーシャル・マクルーハンの研究本を出版したのですが、その関連イベントとして、「マクルーハンは3Dプリンターの夢を見るか?――50年目の『メディア論』と最先端テクノロジー」というタイトルでセミナーを開催させていただくことになりました。日時は2月7日(金)19:00からとなります。

今こそ読みたいマクルーハン (マイナビ新書) 今こそ読みたいマクルーハン (マイナビ新書)
小林 啓倫

マイナビ 2013-10-23
売り上げランキング : 334669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

嬉しいことに、Lifehacking.jpの管理人であるmehoriさん、ジャーナリストのまつもとあつしさんにもゲストとしてご登壇いただくことになりました!お二人がいま取り組まれているテーマについても、お話を伺ってみたいと思います。

【マクルーハンは3Dプリンターの夢を見るか?――50年目の『メディア論』と最先端テクノロジー】

マーシャル・マクルーハンの代表作のひとつである『メディア論』。文字通りメディア論の古典と言える本書は、1964年に発表され、今年で50周年を迎えます。つまり半世紀が経過することになるわけですが、メディアの本質を捉えた本書はいまなお色あせず、最先端の技術を理解する上でも大きく役立つ内容となっています。

このセミナーでは、マクルーハンが『メディア論』の中で主張した理論を振り返った上で、3Dプリンターやウェアラブル・コンピューター、ドローン(無人飛行機)といった最先端テクノロジーの今後をどのように占えるのかを考えたいと思います。

■ 日時: 2014年2月7日(金) 19:00-21:00 (途中休憩をはさむ)
■ 講演者: 小林 啓倫
■ 場所: 株式会社マイナビ 竹橋オフィス 9Fマイナビルーム (以下のURLでアクセス方法をご確認いただけます)
http://www.mynavi.jp/company/map/mynavi-room/top.htm

※参加費は無料です。

本講演に参加をご希望される方は、こちらのフォームからお名前とご連絡先を入力し、【送信】ボタンを押して下さい。

皆さまのご参加、お待ちしております。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する