オルタナティブ・ブログ > シロクマ日報 >

決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

BingのTwitter検索がやってきた

»

お馴染み Microsoft の検索エンジン"Bing"に、Twitter 検索が登場しています:

Bing Twitter

Microsoft からの公式発表はこちら:

bing is bringing twitter search to you

そして Twitter が Microsoft、ならびに Google と提携交渉中だったというニュースがこちら

TwitterがMicrosoft、Googleと提携交渉 検索につぶやきを取り込み (ITmedia News)

残念ながら現時点で試してみると「サービス停止中」になってしまい、精度を確認することはできなかったのですが(追記:公式発表によれば、検索対象は Twitter 内の全ツイートなのですが、現時点で利用できるのは米国内に限定されているようです)、トップページではトレンド解析を行っているようですね:

bing_twitter_1

現時点での人気のキーワード(画面上部)と、頻出リンク(画面下部)が表示されています。頻出リンクの方には個々のツイートの一部が表示されていて、そこから直接リツイートするボタンも。ただ類似サービスは既に無数に存在していますから、やはり精度が差別化を図る上で重要になってくるでしょうね。

個人的には、やはり日本語がどこまで通るのかが気になるところ。Twitter の公式検索機能を使われたことがある方はご存知だと思いますが、公式検索の日本語の精度はあまりよろしくありません。少し複雑なキーワードになると結果がゼロになってしまいますし、あいまい検索や、高度な条件設定も無理。いや、Google など既存の検索エンジンが高性能過ぎるのだと言ってしまえばそれまでですが、もう少し改善されて欲しいと感じています。

なぜ検索機能が気になるのか。もちろん個人的におもしろいつぶやきを見つけたいという要望もありますが、より重要なのはビジネス面での応用です。例えば自社製品やサービスについて、Twitter 上でどのような評価がされているのかを把握したり、あるいは不満を漏らしている人を認識してメッセージを送ったり。これらは既に行われていることですが、検索の精度が上がることで、より優れた結果を出すことが可能になるでしょう(個人的に、米国で Twitter のビジネス利用が進んでいる背景の1つには、この検索の活用という点もあるのではないかと感じています)。従って Bing や Google の高度な検索エンジンが Twitter に展開されれば、より Twitter を活用しようという企業が増えてくるのではないでしょうか。

あまり Twitter をビジネスに使えと言っていると怒られてしまうので(笑)この辺にしておきますが、ともあれ本家検索エンジンが Twitter にどのような影響をもたらすのか。今後の展開に注目ですね。

そして Google の公式ブログによれば、Google も Twitter との提携交渉がまとまったとのこと。Google がどんな「Twitter 検索」を提供してくれるのか楽しみです。

< 追記 >

ITmedia さんでも記事が出ていました:

Microsoft、BingにTwitterのリアルタイム検索機能を追加
Google、Twitterとリアルタイム検索の取り込みで提携

< 宣伝 >

ハイ、こちらも繰り返しになりますがよろしくお願い致します。楽天ブックスさんではただいま予約受付中!間もなく Amazon でも予約可能になると思います。

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power 「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
小林 啓倫

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【○年前の今日の記事】

RSS、利用者数はピークに達した? (2008年10月22日)
地球に優しいアルゴリズム (2007年10月22日)

Comment(2)

コメント

一応日本語も通るようです。「Windows 7 の」で検索してみたら、ずらっと日本語のつぶやきが表示されました。精度ということになると分かりませんが。

satoさん、コメントありがとうございます!

おぉ、既に試すことができましたか。羨ましい。少なくとも日本語が通るというのは嬉しいですね……早く日本でも公開してくれるといいのですが。

コメントを投稿する