オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

「情報産業」という造語の作者に遭遇して

»

ボンベイレポートは少し中断して。

梅棹忠夫の「情報の文明学」を読了。本書の2番目の論文「情報産業論」は、何と私の生まれた1962年に書かれたが、驚くことに現代社会が経験している「情報化社会」の到来を見事に予見している。「情報産業」という言葉は、著者の造語であることも初めて知った。

アルビン・トフラーの「第三の波」の20年近くも前に、こんな大胆な論文を書いた人が日本にいたなんて、驚くほかなかった。梅棹忠夫の論文は、英訳されたのだろうか?

"Tadao Umesao"のキーワードでググッてみたが、ほとんど何も見つけられなかった。全く惜しい。

遅ればせながら、この偉大なる研究者の著書に出遭ったことを幸いに思うと共に、しばらく彼の著作に没頭することにする。

Comment(2)

コメント

佐川さん、こんにちわ。

5年ほど前に勧められて読みました。
50年以上も前に書かれたものとは思えないほど斬新であり、今でも十分過ぎるほどのヒントがありました。
形のない「情報」と言うものを、こんなにもわかりやすく表現出来るのはスゴイの一言でした。
何回も読みメモ書きもあるのでボロボロです(笑)
まだ読まれてない方には、是非お勧めしたい一冊ですね。

新倉さん、
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、何度も読み返す価値のある本ですね。私も新倉さんにならうことにします。

コメントを投稿する