オルタナティブ・ブログ > 佐川明美の「シアトルより愛を込めて」 >

元証券アナリスト、前プロダクトマネージャー、既婚な現経営者が、日頃の思いをつづります。

男子学生が一般職を希望する時代

»

一昨日、”女性というだけで総合職の就職の門が閉ざされていたことは、本当に納得がいかなかった”と、古き私の就職体験のことに少し触れた。

今日は、週刊ダイヤモンドの記事「安定志向の男子学生が急増!?総合商社が苦慮する一般職志望のオトコたち」を見つけた。

この記事を読んで初めて知ったのだが、

...ここでネックになったのが、2007年に施行された改正・男女雇用機会均等法である。従来の女性に対する差別を禁止する法律から、男女双方に対する差別を禁止する法律に変わったことで、女子学生に絞った一般職の採用はできなくなり、形式上は男子学生にも一般職への門戸が開かれた。

とのこと。

2007年の改正・男女雇用機会均等法、大いに結構。男子学生への一般職への門戸開放、なぜ形式上でとどまるべきなのかしら。

石器時代までさかのぼらなくても、産業革命より前は、男女間の体力差がそのまま職業の選択にも反映されてもある程度妥当であったろう。しかし、巨大な機械もボタン一つで動かせる時代に、男女で雇用の機会を分ける意味はまずない。

経済が右肩上がりに成長し、社員の終身雇用を約束できた時代なら、お父さんは会社へ働きに、お母さんは家で家事と育児という役割分担は、企業にとってそれなりに理にかなう制度だったかも知れない。でも今は、「百年に一度の危機」とかに便乗して、ネコもシャクシも人員削減をためらわない時代。お父さんもお母さんも、躍起になって仕事を見つけねばならないご時世。

いわゆる出世競争には興味なくて、細部にきっちり配慮を怠らない人が、たまたま男性だったっていいじゃない。そもそも、企業内で総合職と一般職の二つに大別する必要がどこにあるのだろう?いわゆる職務内容は、部署や役割ごとに具体的に定義されるものではないの?

地球上にフロンティアがなくなった時代では、競争ではなく共存が、国も企業も掲げるべき究極の目標だと思う。そんな時代には、やたらと競争したがる遺伝子を持つのが男性で、みんなに分け隔てなく愛情を注ぐ遺伝子を持つのが女性だとしたら、トップは女性の方がうまくいくのでは、と思うのであります。

Comment(5)

コメント

13時15分41秒

過労死レベルの残業に適応できる者だけが保護される正規雇用総合職か、不安定で将来性皆無の使い捨て労働力としての非正規雇用の二択しかない状況の方が異常なのであり、一般職を志望する男子が現れるのも自然な反応だと思います。
結局、年功序列の時代ではないと言いながら、多くの組織では新卒入社→管理職コースの総合職以外を適正に評価・処遇するシステムが存在していません。
社会保険・福利厚生・諸手当なども旧来モデルしか想定していないものがほとんど。
ですが、この不安と恐怖で駆り立てるシステムに適応して生き残った人々が決定権を握っているので、苦労して掴み取った既得権を危険に晒すような変化を起こすことを望まない。
本来なら、そのままでは人的資源の利用効率が悪くなり、社会全体の競争力が他の国と比べて相対的に低下してジリ貧になるので、指導的立場にある人々が長期的な経営の観点から活動の基盤となる環境改善のため社会的責任を率先して果たす方向に進むべきなのですが。
少なくともグローバル競争の中にあって先進国であり続けたいのであれば。
でもってそれを思い起こさせるための装置が民主主義であった筈なのだけれども。

13時15分41秒さん、
コメントありがとうございます。
既存の大企業では、従来の雇用体系を大きく変えるのは難しいのでしょうね。日本のベンチャーは、従来の雇用体系を大きく変えるという使命も負っているのかもしれませんね。でも、そのベンチャーが育ちにくいというのも現状なのですね.....

ここで議論されている矛盾は、そもそも総合職と一般職という区分ができた経緯に理由があります。
男女雇用機会均等法により、就職において男女差を設けることが差別とされたわけですが、
現実社会では、やっぱり雇う側にも、雇われる側にも、男女差はありました。
それを埋めるべく生まれたのが、一般職と総合職という区分です。
バリバリ働き、全国転勤もある総合職。一方、そこそこに働き、勤務地域も限定の一般職。
正確な定義ではありませんが。
つまり、男女別採用を、男女という言葉を使わずに実質的に可能にしたのが、総合職と一般職採用だったわけです。
早い話、実態は何も変わっていない。
ところが昨今、働き方や働くことの価値観が多様化してきた中で、
旧来の男性的仕事(=総合職)を望む女性が登場し、やがてその逆も登場した、という単純な話です。
これは当たり前の結果だと思いますし、
それを想定できずに、対応に苦慮すること自体が、お粗末だと感じます。

とむとむ

最近の「派遣切り」もそうですが、雇用の二重構造が存在することが課題(問題ではなく課題)なのだと思います。
一般職・総合職という区分もそうですが、同じ会社の中に身分制度のように二重、三重構造を構築する旧来的な雇用環境しかイメージできないことが「対応に苦慮して」しまうのではないでしょうか。
中村さんがご指摘の通り、「何も変わっていない」のだと思います。
総合職-一般職-派遣-パート。これだけでも四重構造。。。そしてまったく異なる賃金体系。

一方で雇われる側の意識も課題があるのだと思います。
古い話で恐縮ですが、「やりがい」とか「自己実現」を仕事の中に見出そうと真剣に考えた人は一体どのくらいいるのでしょう。。。
「やったふり」「時間待ち」「指示待ち」。。。
古くて新しい「問題」です。

もっとも、今の管理職・経営者に「職務内容を定義できる」人は皆無だとも思いますから、しょせんはどっちもどっち?

中村さん、とむとむさん、
コメントありがとうございます。
日本企業で、いっそのこと総合職/一般職という職種を撤廃したところはあるのでしょうか?

コメントを投稿する