予測できないITの行く先を、あちこち歩きながら考えてみます