世界を変える何かは、既に近くにあるかもしれない

Nexus 7の顔認証を試してみた

»

Android 4.0からサポートされている顔認証機能を試してみたいと思ったのですが、手持ちのAndroid端末 (Android 4.0.3が入ったMotolora Xoom)はサポートしてないようなのです。たまたまNexus 7 (Android 4.1.2)を入手できたので、試してみました。

まずは設定からです。設定メニューから、セキュリティ-> 画面のアンロックを選択します。

Screenshot_20121106204700

フェイスアンロックが選択肢として現れました。これを選ぶと次のメッセージが表示されます。

Screenshot_20121106204718

顔認証が従来の認証方法(パターン、PIN、パスワード)よりは安全性が落ちること、誤検出があり得ること、顔のデータはローカルに保持され外部に送られることがない旨が提示されます。

この後で、自分の顔を内蔵カメラで撮影し、セットアップ終了です。画面がアンロックされている状態で起動ボタンを押すと、端末前面の内蔵カメラが起動します。自分の顔を中央に持ってくると。。。

Screenshot_20121107105559_2

認証に成功すれば、ロックが解除され通常の画面が表示されます。認証に失敗すると、セットアップ時に登録した代替方式(PINかパターンかが選択できる)に切り替わります。

最初は、認識エリアに顔を入れるのに多少時間がかかりましたが、慣れてくると何も入力しなくてもアンロックされるので便利です。顔が完全に映っていない場合でも目や輪郭などの特徴点が抽出できれば認識が成功します(上のスナップショットでも顔の一部が切れていますが、ちゃんと認識できました)。一方、仕方がないことではありますが、暗い所や背景に光源があるような場合、あまりうまく認識されません。認証の際には、目の高さに端末を持ってくるのが一番良いようですが、周りに人がいる場合にはちょっと恥ずかしいかもしれません :-) (腰のあたりに持って覗き込んでもいいのですが、顔の位置を調整するのがちょっと難しい)

Android 4.1からは、写真をカメラにかざして認証させることを防ぐために、認証時にまたばきを要求するかのオプションが追加されています 。また、複数の顔写真をとって、解析精度を上げることもできるようになっています。この辺りは、いろいろ抜け道も考えられるので (アニメーションにするとか、写真を目のところだけ切り抜いてお面のように被るとか)これで安心というわけにもいかない気もします。

生体認証は、すでに指紋や静脈認証が広く使われていますが、顔認証も特にモバイルの環境(手が必ずしも使えない場合、それほど高いセキュリティ強度が必要でない場合、2要素認証の1つとしてなど)で、手軽な認証技術として普及して行く可能性がありますね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する