ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

民泊ビジネスで稼げるかなあ?

»

2020年東京オリンピックが近づくにつれて宿泊施設が足りなくなるのは周知の事実!

ここで沢山ホテルを建設しても東京オリンピックが終わったとたんにホテルは閑古鳥が鳴く。ビジネスは、割引合戦になる。そのため、過剰なほど新しいホテルを建設するのは相当勇気がいる。東京オリンピックが終わった後どうするかだ。

今ある宿泊施設を上手く活用する?でも、満室だ。考えられる事は、空屋か民泊だ。ひょっとしたら、空き部屋になっているアパートやマンションを期間限定で観光客用の宿泊施設にする事も考えられる。

Airbnb民宿予約サービスが今注目を浴びている。欧米の観光客中心に利用されているようだ。欧米では、Bed & Breakfastサービスが知れ渡っている。日本に来る観光客の大部分は中国、韓国、台湾、タイ、マレーシアなどの東南アジアの人たちが多い。

民泊施設を用意する場合、東南アジアの人たちを考慮した民泊施設にしないと倫理観、マナーの点で問題を抱える。彼らのマナーは、日本人と同じではない。

私は、今住んでいるマンションの一部屋を民泊用途に活用できないかを考えているのだが、色々と問題がある事に気がついた。

私たち日本人は、鍵の文化で育っていない。性善説の文化で生活がある程度回っている。置き忘れたスマホや落とした財布を見つけて交番に届けるのは日本人。海外では、警察に落とし物(財布など)を届けるのは珍しい。ほとんどが拾い主の懐に入る。

文化と倫理とマナーが違う外国人を自分の宿に泊めるのは勇気がいるし、色々と考えるべき事がある。

>>続く(私はこんな悩みに直面する!)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する