ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

シニアの就労機会はシニアが作り出すしかないよね~!

»

シニアが大勢参加しているNPO団体でシニアの思考や限界を直視体験している。65歳を越えて年金生活を始めているシニアは、生きがいを探している。70歳前のシニアは、体力的にも気力的にもまだエネルギーが残っている。

60歳前後のシニアは生活費を稼ぐ必要がある!

もう当たり前という認識を持っているシニアが多いと思っている。年金だけでは生活が出来ない。仕事が欲しい。探している。仕事はあるが、今までやってきた仕事での経験や知識が生きない。誰にでも出来る仕事が大半である。

ただ、労働力として働けば良いというたぐいの仕事が多い。

シニアの目が輝き始める時がある!

シニアに新しい芸を教え込んで成長させるのは非常に難しいし、やりたがらない。むしろ、今までの経験や知識が生きる「場」と「仕事」でないとシニアの目は輝かない。

NPO団体では、色々な目的とニーズでシニアが集まっている。皆さんが共通して求めている事は、「憩いの場」と「何かお役に立つ仕事がないか」。これだけである。自分の経験を生かしたい。知識を生かしたい。このようなニーズを抱えているのは、長年企業で働いてきた元サラリーマンに多い。

そんな元サラリーマンに限って会社の歯車として立派に仕事をしてきている。それなりに自分がやってきた仕事に誇りを持っている。

問題は、元サラリーマンには自分たちで新しい仕事を作り出すという経験が少ないため自分たちのニーズを満たす仕事を新しく作り出せない。自分の歯車が合う仕事場あれば、凄くがんばれる。自分の歯車が合う仕事は、なかなか他人が用意できない。

私なりに考えた事は、>>>こちらに続く

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する