ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

東京オリンピックで役に立つ多言語対応CMS Joomla

»

世界各国からやって来る観光客。公共機関のホームページだけでなく普通の会社のホームページも多言語対応になっていれば日本について情報を探している観光客は助かるだろう。

多言語対応が標準で搭載されているJoomla(ジュームラ)CMSは、表サイトだけでなくシステム管理画面も自動的にサイト運営者の言語になる。

そのため、母国語が違うサイト運営者でも母国語でページ作成やサイト運営が出来る。

例えば、

日本の観光地を紹介する情報発信サイトを日本人、中国人、韓国人、タイ人、ベトナム人、アメリカ人の6名でページ作成をする場合、それぞれの言語でシステム操作とページ作成ができるようになっている。

日本人とベトナム人が同時に管理画面にログインしてもそれぞれの母国語で管理画面が表示される。6名が同時にログインしても同様にそれぞれの母国語で表示されるので言語を一つに強要されない。

具体的に2つの方法で管理画面にログイン出来る。

Comment(0)