決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

オバマ大統領、「Twitter を使ったことはない」と発言(動画あり)

»

オバマ大統領が「Twitter を使ったことはない」と発言したらしい――こんなニュースがネットを飛び交っています:

Obama: "I Have Never Used Twitter" (ReadWriteWeb)

中国を訪問中のオバマ米大統領が、上海で開かれた学生達とのタウンホール・ミーティングの際、学生から「中国が大きなファイアウォールを設置していることをご存知ですか?また中国国民も Twitter を使えるべきだと思いますか?(Do you know about the great firewall and should we be able to use Twitter?)」という質問をされ、それに対し「Twitter を使ったことはない(I have never used Twitter)」と発言したという情報が伝えられています。発信源はここのようですね:

BNOnews

Obama on China's firewall and Twitter says "I have never used Twitter but I'm an advocate of technology and not restricting internet access"

中国のファイアウォールと Twitter について、オバマは次のように発言した。「私は Twitter を使ったことはないが、テクノロジーの支持者であり、インターネットのアクセスを制限することには賛同しない。」

とのこと。彼のアカウント(@BarackObama)は当然ながら公式なのですが("Verified Account"のマークも付いています)、どうやら彼自身は更新していないようですね。まぁ大方はスタッフが更新しているのだろうと皆想像していたと思いますが、こうあからさまに言われてしまうと……どうやら衝撃は海の向こうでも同じのようで、"I Have Never Used"というフレーズが、現在 Trending Topics の2位になっています。

< 追記 >

動画がありましたので、改めてエンベッドしておきます。以下の映像の6分10秒あたりからをご覧下さい:

どうやら質問は、事前に米国大使館のウェブサイトに寄せられていたものだったようです(ちなみに質問は米国大使である Jon Huntsman 氏によって読み上げられています)。それをあえてピックアップして、「Twitter は使っていない」などと回答するというのは、大統領サイドは「大統領自身が書き込んでいるかどうかはさほど重要ではない」と考えている証かもしれません。

いずれにせよ彼(の陣営)が Twitter を始めとしたソーシャルメディアを上手く活用し、大統領選およびその後の政局運営に役立てていることは事実。今回の発言が Twitter の重要性に何らかの影響を与えるとは思いませんが、「あのオバマ大統領も使っている Twitter」という言い回しが先行しているだけに、各所に波紋を呼びそうな発言です。

【○年前の今日の記事】

「規制の中で生き残ろうとするなら、内心『しめしめ』です」 (2008年11月16日)
「招待状のない方は、このお店でお買い物いただくことはできません」 (2007年11月16日)
アンチ・レコメンデーション (2006年11月16日)

「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power 「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power
小林 啓倫

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-11-05
売り上げランキング : 544
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する