決して最先端ではない、けれど日常生活で人びとの役に立っているIT技術を探していきます。

オバマ大統領、就任演説は?

»

たったいま米国の大統領就任式が終わり、名実共に「バラク・オバマ第44代大統領」が誕生しました。歴史的瞬間をライブでご覧になっていた(そして同時にネットに書込みをしていた!)方も多いのではないでしょうか。そして注目の就任演説。現在の危機的状況を米国建国時の状況と重ね合わせ、「再出発しよう」「米国の理想を思い出そう」というメッセージを訴える、力強いスピーチだったと思います。個人的には、少しだけですが環境問題にも触れてくれていたのが嬉しかったところ。

改めてテキストで確認しようとしていたところ、こんな記事が見つかりました:

Read The Inaugural Address (The White House Blog)

ブログ名から分かるように、ホワイトハウスのブログ(!)です。恐らくここに就任演説の全文が掲載されると思うのですが、現時点では「ここに載りますよ」という宣言だけですね。また「後でビデオも掲載します」と書かれているので、見逃された方は注目です(恐らく動画は主要ニュースサイトでも確認できると思いますが)。

(※追記:再度確認してみたところ、上記のエントリがURLだけ残して削除されているようです。また早朝にあった他のエントリもいくつか削除されている模様。まだ試運転中、といったところ?)

さらに過去の大統領就任演説と比較したい、という方はこちらのページはいかがでしょうか:

Inaugural Words: 1789 to the Present (New York Times)
Words from the past (CNN)

どちらも最近のエントリ(こちらこちら)で取り上げたニュースメディアですが、それぞれの特徴を活かした、過去の大統領就任演説アーカイブです。前者の New York Times のページでは、ご覧の通りスピーチ内の頻出単語がタグクラウドとして表示され、「それぞれの大統領が何について語っていたか」を一目で確認することができます:

speech_NYT

「大統領就任演説でタグクラウドをつくる」というのは他のサイトでも例がありましたね(以前のエントリで紹介しています)。ちなみに単語をクリックすることで、その単語の出現箇所の文章を確認することが可能。また当然ながら全文のテキストと、関連する New York Times 紙の記事紙面をPDFで閲覧することもできるようになっています。

そしてCNNのサイト。こちらも New York Times 同様、画面上部に過去の大統領がサムネイルで表示され、クリックすると個々の大統領の演説が確認できるというデザインです:

speech_CNN

ただしCNNの場合、"Watch"というメニューがあることから分かるように、演説を動画で確認することも可能(当然CNNに映像が残っている大統領の分しかありませんが)。New York Times 同様、自社の資産をうまく活かしながらページをつくっているわけですね。

この他にも、米国のメディア各社はここぞとばかりに「オバマ大統領就任関連コンテンツ」を充実させていますので、主要ニュースサイトを巡回して比較しても面白いのではないでしょうか。何はともあれ、オバマ大統領のスピーチが米国を、そして世界を良い方向に変えてゆく第一歩になってくれることを願います。

< 追記 >

流石は New York Times。ホワイトハウス公式ブログでアップされる前に、就任演説の内容が全文アップされていました:

Barack Obama’s Inaugural Address (New York Times)

それからオバマ氏の大統領就任に合わせ、新しくなったホワイトハウスの公式ホームページ。上記のブログ設置も特徴ですが、他にも YouTube の動画が埋め込まれているなど、様々な新機軸が見て取れます。ネットの活用では定評のあるオバマ氏ですから、引き続きIT分野でも話題を提供してくれそうです。

whitehouse

< 追記2 >

YouTube の C-SPAN チャンネルで就任演説の動画が掲載されていたので、下に貼り付けておきます:

【参考記事】

オバマ大統領誕生で政府公式サイトが刷新――ブログも登場 (ITmedia News)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する