オルタナティブ・ブログ > 祐川京子のブログ >

ユカワキョウコの徒然日記

他人の健康を気遣う時のセリフ

»

今日は東京で木枯らし1号が吹きましたね。

例年、秋冬シーズンになると

メールや手紙の最後の一行に

「風邪をひかないように気をつけてください」などと書いてあることが多い。

これ、一見すると親切なメッセージなんですが

風邪をひくことを忘れていた元気な人に対して

私は「風邪をひけ!風邪をひけ!」という呪文に聞こえてしまいます(--;)

他にも

インフルエンザにご注意を」とか「体調をさないように」と

ネガティブワードを毎日何度も誰かに言われ続けたら

もれなく病気になりそう・・・。

個別に言われなくても
「風邪が流行ってますね」
「インフルエンザの予防接種を!」とニュース等で毎日聞こえてくるし。。。


せっかく言うのであれば

「ご自愛ください」
「お身体を大切に」
「元気で頑張りましょう」
等々

ポジティブワードがよいと思うのですがいかがでしょうか?


ちなみに、私の体験談ですが・・・

同僚のAさんは
「祐川さん、疲れた顔してるね。大丈夫?」
「祐川さん、顔色悪いね。平気?」
と毎日夕方になると心配してくれました。

一方、同僚のBさんは
「祐川さん、今日も元気そうね!」
「祐川さん、いつも清々しいわね。私まで元気が出るわ♪」
といつもほめてくれました。


私はその後

Aさんに名前を呼ばれるだけで気が沈むようになり

Bさんが近づいてくるだけで笑顔で待ち受けるようになりました。

・・・言葉の威力ってすごいですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する